潜在意識、阿頼耶識、聖書に書かれた光、アカシャ、量子が叶えてくれます。 - 潜在意識で願望を達成しよう

Welcome to my blog

潜在意識、阿頼耶識で、復縁、恋愛、どんな願望も達成しよう

バキュ

バキュ

潜在意識、阿頼耶識を活用すれば、その願いは強制的に叶えられます。



潜在意識、阿頼耶識は無から有を笑顔で創ります。
「大きなネガティブと無い」を経験したからこそ、潜在意識、阿頼耶識が願望を達成してくれる世界を、誰よりも確実に得ることが出来ます。


(1)潜在意識、阿頼耶識と空。



聖書のエントリーなのですが、仏教の空が登場します。
この空とは何か?というと、般若心経ではこの世界の一切皆が空と説かれています。
そして般若心経の真髄を伝えたとされる鳩摩羅什は、「この経典は現世利益を達成するための呪術である」とハッキリと断言しているんですよね。

般若心経の世界を体感して、潜在意識、阿頼耶識を活用する!

願いを叶えてくれる、潜在意識、阿頼耶識は、どこにでも存在しています。

(ブログ内の参考エントリーです)


そして、数年前に驚くべきニュースが世界を駆け巡りました。
ノーベル賞候補としても名を挙げられた経験を持つ、アーヴィン・ラズロ博士が「アカシックレコードを発見した」という内容でした。
その内容がとても興味深いもので、アカシャ(アカシックレコード)は、インド哲学の世界で語られる、この世界の全ての知識、記憶、そして経験、出来事が時間を超えて記憶されている、阿頼耶識(潜在意識)のような存在なのですが、そのアカシャは仏教では「空」と置き換えられます。

ラズロ博士は、この「現在、過去、未来の全てが詰め込まれた空、すなわちアカシャは現代物理学で言う量子そのものである」と発表されました。

お気づきの方も多いのではないかと拝察いたします。
紹介させていただいた旧約聖書の創世記で語られる、太陽と月が作られる以前に矛盾する形で登場した、「光」と「昼と夜」と、「空(アカシャ)」は、全く同じ性質を持っているんですよね。(・∀・)

ですので、今現在、皆さんが触れている「この空間そのもの」にある沢山の原子や素粒子の一つ一つが、いつも皆さんに寄り添い、願望を達成しようと手を差し伸べているという結論に至るのだなと、確信する次第です。



(2)無を有に変えてしまう、潜在意識の慈愛を瞑想で体感して叶える。



想像していただけましたら幸いです。
言葉の表現は違いますが、潜在意識、阿頼耶識、聖書に書かれた光、量子、そして神仏そのものが、この空間を構成するミクロの存在すべてに存在していて、私達を包み込んでいるんです。
もちろん、私達の体を構成する物質の一つ一つにも、聖書の光、神仏が存在しているんですよね。

私達を包み込むこの空間に、そして私達自身の中にも、神仏、潜在意識、阿頼耶識が在ってくださると意識してみると、本当にありがくて、幸せな世界を体感することが出来ます。

このように無すら有に変えてしまう、潜在意識、阿頼耶識や神仏の存在と、私達に向けられる慈愛を受け取って瞑想を実践してみましょう!
すると、「願いが叶う見込みが全く無いです」「だから願いは叶いません」とは絶対にならない、この宇宙と神仏の温かい慈愛と願望達成された世界が心と体中に充填され、そして、恋愛、復縁、結婚の願いが叶えられてしまう、現実的な意味での願望達成を受け取ることが出来てしまうんですよね。!(・∀・)



(3)潜在意識、阿頼耶識で、恋愛、復縁、結婚を叶えるということ。


前半でも書かせていただいたのですが、潜在意識、阿頼耶識を活用されて、どのような願望を達成されたいかと質問させていただくと、皆さん本当に様々な願望をお持ちです。
その中でも、「このような願望」としてメッセージをいただくのは、やはり、恋愛、復縁、結婚などの願望が一番多いと感じております。

恋愛、復縁、結婚などの願望を達成しようとすると、どうしても様々な事情や問題があって、どうしても「それでも大丈夫」と安心感に浸れない時期ってありますよね。(・∀・;)

大好きな彼や彼女から、冷たくされたら「やっぱりダメなのかな」と不安になってしまうし、願望が達成された世界を先取りしても、やはり「叶えられた世界と書かれた箱は空箱」と悲観してしまうのが、人の心なんですよね。

そんなときに、「あ、聖書の神様は全くゼロの無から、この世界を作り出した神様で、それは、潜在意識、阿頼耶識の法則のことなんだ」と、思い出すだけでもいいので、心のなかで感じていただけたらと願っております。

すると、心が落ち込んでしまうのは、それだけネガティブが注がれる心の器が大きいということなんです。
なので、ネガティブな人ほど「潜在意識、阿頼耶識、神様の慈愛と達成された世界を、誰よりもたくさん心に注ぐことが出来る」ということでもあるんですよね。
「無い無い」という思いで心で一杯になった分だけ、「叶えられる達成される」という思いで心を満たすことが出来るんです。

ですので、ネガティブやエゴを多くお持ちな人ほど、聖書の創世記に書かれた世界創造のように、皆さんご自身が達成された世界を創造していただけるということになるんですよね。(・∀・)

なので、瞑想法などで、潜在意識、阿頼耶識を活用すれば、ポジティブな人は必ず願いを叶えることが出来て、ネガティブな人は、なお確実に願望達成が約束されているということになるんですよ!

ネガティブなときは、潜在意識、阿頼耶識で願望が達成される法則を残された、旧約聖書の創世記を思い出されてみてくださいね。
大丈夫ですよ!その願いは、潜在意識、阿頼耶識、そして世界を作り出した神仏が、絶対に見逃さずに叶えてくれます!



創世記に隠された、潜在意識、阿頼耶識の法則のまとめです



・神は、世界創造の1日目に光を、そして昼と夜を創り、4日目に月と太陽を創られました。
これは全く無の状態から有という世界を創られた、聖書の神様の達成力を書き記されたものです。
そして、まずは瞑想などで結果(光と昼夜)を先取りすることで、願望達成に必要な条件(月と太陽)が後から準備されるという、潜在意識、阿頼耶識の法則そのものだということが理解できます。
恋愛、復縁、結婚や、収入、人間関係の願望も、このように達成されていくんですよ。


・アカシャ(アカシックレコード、空)が、この世界に量子状態で存在すると発見したと発表された、アーヴィン・ラズロ博士は、アカシャは時間を超えて万物の記憶や宇宙で起きる全ての事象を記憶している、この世界の根源だと結論付けられました。
アカシャは、潜在意識、阿頼耶識の願望達成力ことであり、創世記で無から世界創造を成し遂げられた、聖書の神様の御業のことです。
皆さんの願望も、「達成できる見込みが全くない無」だと悲観される状態でも、潜在意識、阿頼耶識、そして神仏は、常に皆さんを包み込み、皆さんの中に在り、そして願望を決して見逃さず、必ず達成してくれます。


・深いネガティブは、それだけ心の容量が大きいということです。
深いネガティブやエゴがあっても、心に創世記のエピソードを注いでみると、心の大きさに比例して、願望が達成される圧倒的な安心感に包まれることが出来ます。
そして、皆さんと、潜在意識、阿頼耶識の間にある「願望達成」という約束が達成されますよ。
ネガティブでも大丈夫ですよ。
大きなネガティブは、潜在意識、阿頼耶識のように広い心をお持ちだからこそ感じるんです。
その大きな心が、皆さんの願いを叶えてくれるんですよね!(・∀・)


というわけで、今日はここまでです。
皆さんのご訪問に感謝します。

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply