潜在意識「自力で許そうとしても辛いだけだよ?」 - 潜在意識で願望を達成しよう

Welcome to my blog

潜在意識、阿頼耶識で、復縁、恋愛、どんな願望も達成しよう

バキュ

バキュ

潜在意識、阿頼耶識で本当の許せる世界を体感しよう!




自力では解決しないので、潜在意識、阿頼耶識で行こう!
自力の方法をいくら調べても誰かを許すことは難しいです。潜在意識、阿頼耶識に任せる道を探してみましょう!


みなさん、いつもご訪問ありがとうございます。
今回は、潜在意識、阿頼耶識で、恋愛、復縁、結婚の願望達成を目指される皆様が、どうしても悩まれることが多い「許せるか?」をテーマに、皆さんと最善の道を模索できたらと考えております。
本日も何卒よろしくお願い致します。(・∀・)



(1)潜在意識、阿頼耶識を活用しても、好きだから悲しみが消えない



潜在意識、阿頼耶識を活用して、恋愛系の願望を達成しようとしても、特に失恋からの復縁を目指される方ですと、大切な彼や彼女に対して、「どうしても許せない」「納得できない」という感情を抱いてしまうことってありますよね。

瞑想などを実践すれば、願望が叶うとは頭で分かっていても、心では納得できない思いが湧いてきて、願望達成が迎えられた世界を迎えることも難しくなってしまうんですよね。

例えば、大好きな彼や彼女が、他の異性の場所に行ってしまったとか、極端な話ですと大切な人が経験した過去の恋愛経験などを受け止められないケースも多いんですよね。

こういったときは、やはり周囲からは「好きだったら許せるでしょう」と叱られることもあるのですが、そんな簡単に割り切れるものではないですよね。(・∀・;)

恋愛系の願望と真剣に向き合われる方ですと、「心から好きだから苦しいし許せない」という思いが湧いてくるもので、そういった感情こそが、本気の、恋愛、復縁、結婚の本質でもあるのだと考える次第です。

好きだから許せない、だから苦しくて寂しくなってしまうという思いとともに長い夜を過ごされる方も多いのではないでしょうか?


(2)潜在意識、阿頼耶識の活用と同じく、「許し」も自力と他力で考えてみましょう。



潜在意識、阿頼耶識を活用して、恋愛、復縁、結婚などの願望を達成する場合に、切っても切れない、好きな人を許せない気持ち、寂しさ、悲しさ、怒りなども、どうしても「自力」で立ち向かうことが多くなるのかなと拝察します。

自力とは、潜在意識、阿頼耶識に任せて委ねるのではなく、自分の考えと判断で「こうすれば、こうしよう」と、願望や問題と立ち向かい解決に向かうことなのですが、やはり、願望を達成するのと同じく、「自力」というものは、儚くも無力なもので、自力で「許し」や「納得」を得ようとしても、大変な苦労があるんですよね。(・∀・;)


例えば、学生時代に周りの人から、心無い言葉を浴びせられたとします。
言った方は忘れるけど、言われた方は決して忘れられない出来事になってしまうことが多いんです。

やはり恋愛関係でも同じで、悪気がなかったとしても、大切な人が放った傷つくような言動は忘れられないんですよね。
言った方は忘れてしまうのですが、言われた方はいつまでも忘れられないということが多いんです。


こういった経験は、どなたでもお持ちではないかと拝察するのですが、やはり自力で何とかして許そうと思っても、心の奥で「わだかまり」になってしまうことも多々あるんですよね。

やはり好きな人が他の異性といった問題や、過去の言動を忘れたり、許せるようになるように「自力」で立ち向かうことは、とても大変な労力が必要で、儚い自力ゆえに、効果があるどころか、逆に「許す、許さない」の無限ループに入り込んでしまうことになってしまうんですよね。



(3)潜在意識、阿頼耶識(他力)に任せてみよう



潜在意識、阿頼耶識を活用しても「好きな人の、今や過去を受け入れられない」という問題にも、やはり「他力」という視点が重要になってきます。


どうするの?という疑問が湧いてきますよね。
まず許すことを諦めてしまうと、潜在意識、阿頼耶識を活用する上で、とても有用なんです。

「え?ずっと恨んだり、寂しいままで過ごすの?」という疑問が湧いてきそうなのですが、そうではないんです。(・∀・)

許す、許さないを、自分の力で何とかしようとしても、ただ辛くて寂しくなってしまうだけなんですよね。
願望を達成するために、潜在意識、阿頼耶識を活用する瞑想法を実践していたとしても、「好きな人は新しい異性と仲良くしてるのに、私一人で叶えられた世界を先取りして、ただ虚しいだけ」と、願望を達成する以前の段階で、前に進まめなくなってしまうんですよね。

考え方や視点を変えようとしても、一時的に気分が良くなる考え方に没頭しても、時間が経てば「寂しい」や「許せない」という気持ちが湧いてきてしまうので、やはり「自力」で「許せない気持ち」に立ち向かっても、ただただ無力感だけが残ってしまうので、「許す、許さない」は、本当に大変な問題だと考える次第です。

「自力で、許す、許さないに立ち向かうことを止める」
自力での解決を諦めることで、願望達成に進めるようになるという意味での「諦める」を意識していただけたら幸いです。


では、どうやってアプローチして行くのかは、後編に続きます。
潜在意識、阿頼耶識「許せちゃったでしょ?」(後編へのリンクです)も引き続きよろしお願い致します。

Comments 4

There are no comments yet.
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/04/04 (Wed) 14:30 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/04/05 (Thu) 13:33 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/04/08 (Sun) 23:57 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/04/08 (Sun) 23:57 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply