潜在意識、阿頼耶識、神仏の力、言葉は違えど全てはゴールに導いてくれる、大きな大きな力!
さあ、今日も潜在意識と共に願望達成を目指そう!(・∀・)
というわけで、皆さんおはこんばんにちはです!(・∀・)
本日は、復縁メインの記事です。(・∀・)
皆さんと一緒に、潜在意識、阿頼耶識を活用して、復縁や人間関係を最善の結果に導く視点を、見つけたいと考えておりますので、どうぞ宜しくお願い致します!m(_ _)m
潜在意識「行き止まりなら戻ればいいじゃない?」
行き止まりだと思ったら、まずは心の記憶を戻ってみましょう!潜在意識、阿頼耶識を活用すれば、最善の道を歩めますよ!
突然ですが、復縁の願望をお持ちの方で、好きな人について5つの出来事を思い出してみると、どんな場面が浮かび上がりますか?
失恋間際の不安だった頃や、好きな人と別れる瞬間、そういった場面が5つの記憶の中に入っているのではないでしょうか?
失恋した前後の時間を思い出すと、あの頃どう立ち回れば、自分にとって最善の結果を導き出せたのかとか、もっと好きな人の気持ちを考えれば良かったとか、色んな思いが心の中を駆け巡りますよね。
復縁や失恋を志す場合ですと、後悔したことや、寂しかった場面の印象が強く、どうしても過去の恋愛を「悲しかった」と感じてしまうことも多いですよね。
復縁も「人間関係の願望」ですので、人間関係全般について考えてみると、周囲の人の言動って嬉しいことより、辛くなるような言葉を浴びせられたとか、悲しいことのほうが記憶に残りやすいですよね。(・∀・;)
記憶に残る出来事だからこそ、悲しいことを思い出すと、「あの日に戻って、あの場面を無かったことにしたい」と思ってしまうし
復縁の願望を願う場合も、失恋したその瞬間や、好きな人と疎遠になり始めたころに戻って、失恋や失敗を撤回したいと思ってしまうことも多いのではないでしょうか?
そこで、もう一歩踏み込んで、復縁したい好きな人との記憶をたどってみましょう。(・∀・)
そうすると、悲しい思い出以外にも、色んな記憶があることに気付けます。
2人で出かけたあの場所、冗談を言い合って笑ったあの時間、復縁したい人がかけてくれた優しい言葉、あの人の声、本当に色んなことを思い出せますよね。(・∀・)
それだけの共有できるような記憶があるということは、それだけ恋愛関係としてのご縁も「ある」ということなんです。
こう書くと、「ある?失恋して縁が切れたんですけど?」と思われた方もいらっしゃるかもしれません。(・∀・;)
人の縁って、その縁は形は違えど、一生涯続くものなんです。
人間関係は、好きな人といたいと願うような素敵な関係や、友人として穏やかに続いていく場合もあれば、絶縁したケースもあるし、繋がりは様々ですよね。
恋愛関係というご縁、友達としてのご縁、一切連絡は取りたくないけど記憶からは消えないケースも、お相手の姿が心から消えない以上は、そういうご縁でつながっているんです。(・∀・;)
特に恋愛感情が伴う関係の場合ですと、相手との距離が「他人」から、「大切な人」に変わる敬意を経ているので、その他のご縁より、ずっと太い線で繋がっているんです。
どんな別れ方をしたとしても、今がどんなに挽回不可能に見える関係性だとしても、太い線で繋がっていた事実は存在するので、これだけは相手の方や私たちの意思では、「いい意味で」変えようがありません。(・∀・)
でも、折角繋がっていることを認識して、復縁しようと願っていても
「失恋したあのとき」からの挽回を目指すのであれば、スタート地点が「失恋したあのとき」になってしまうんですよね。(・∀・;)
そこでなのですが、好きな相手の方と共有した「幸せだった時間」を、スタート地点に設定してみると、自分の中にある復縁願望が「不可能」から「簡単に可能」に変わっていく流れを、感じて頂けると考えております。
どういうことかと申しますと、ご縁を道路に置き換えてみると分かりやすいかもです。(・∀・)
まずA地点が幸せだったころ、B地点が関係の分岐点、C地点が行き止まり、このようにイメージして頂ければ幸いです。
まず、「別れた瞬間に戻って失恋を取り消したい!」と願うのは、行き止まりのC地点で願い続けることになってしまうので、今の状態から進展するのは難しいと感じますよね。(・∀・;)
そこで毎日、幸せだったA地点に心を戻して、復縁の願いが叶った幸せな世界に浸り続ければどうでしょう?
幸せな世界に浸っているので、恋愛関係の分岐点であるB地点から、袋小路のC地点に入り込むこともなく、潜在意識、阿頼耶識にも、別れてしまったことは「カップルの一時的なケンカ」であって、2人は幸せな恋愛関係の当事者として今もまだ続いていると、刻印することが出来るんです。(・∀・)
親しい人との人間関係を長く続けるコツの1つに「相手の良いところを見る」という考えは、皆さん見聞きされたことがあるではと拝察するのですが、この考えは、潜在意識、阿頼耶識を活用して、復縁や片思いを成就する思考法としても、とても効果があるんですよね。(・∀・)
「私は幸せなあの頃の延長線上にいる、なので幸せな復縁をした世界も当然ある」
こう思うことで、今まで描いていた復縁した関係とは違った、2人のこれからの関係が見えてくるんですよね。
一度離れてしまうと、どうしても色んな問題を解決しなければ、復縁の成就は難しいのではないかと思ってしまいがちになってしまいますが
幸せだったころの自分に立ち返ることで、潜在意識、阿頼耶識、そして今もあり続けるご縁の力が、あらゆる難題を超えて、皆さんと好きな人を適切な関係(幸せな恋愛や婚姻関係)に戻してくれる、そう確信しています。(・∀・)
少し違った視点になりますが、自動車が欲しいという願いを持っているとします。(・∀・)
まず、販売価格分の支払いをどうするかという問題が現実的に存在するのですが、これは「どうしたらいい?」と考えてしまう解決すべき課題ですよね。
復縁の願いであれば、どう立ち回れば好きな人との距離が縮むかという課題に置き換えることが出来ます。
そこで、潜在意識、阿頼耶識を活用する場合ですと、価格(なにをすれば)を意識するのではなく、自動車のマニュアル本などを見て、瞑想中のイメージで実際に触れたり、運転を楽しんだりすることになります。
すると、誰も損をせず、最善の形で、欲しかったあの車を手にする結果を迎えることになるんですよね。(・∀・)
復縁の願いも、まず「どう立ち回るか?」といった自力から離れ、「LINEの既読もつかずに返信もこない」という、今の現実からも離れて
ただただ、「復縁後の2人が幸せな世界」を先取り観測して、潜在意識、阿頼耶識に刻印することで、最善の形で願いが成就して行きたいですよね!(・∀・)
過去、今、未来に仏様がいらっしゃるという言葉の通り、潜在意識、阿頼耶識は時間を超えて、最善を結びつけてくれます。(・∀・)
というわけで、今日はここまでです!
また、近日中に!(・∀・)ノ