潜在意識、阿頼耶識が開く、願望が達成された世界の入り口を見てみましょう!

ジョージ・ワシントンの肖像画に見える、潜在意識、パラレルワールド
潜在意識、阿頼耶識を活用する瞑想法で、アメリカ合衆国を独立に導いたジョージ・ワシントン初代大統領の肖像画です。(アメリカ議会図書館)
パラレルワールドの実在を指し示しめす、貴重な作品です。

(1)潜在意識、並行宇宙の入り口が書かれた肖像画が議会図書館にあるんです。

さて、ここでなのですが、上にあります、ジョージ・ワシントンの肖像画をご覧いただけましたら幸いです。
ワシントンの左上に、ヤコブの梯子(ハシゴ)と言われる、願いが叶えられた世界への入り口が描かれています。
(ヤコブの梯子とは、旧約聖書の創世記に書かれている、願いが叶えられた世界からの使いが、ヤコブに会うために作った出入り口から降ろされた梯子のことです)
本当に驚くべきことですが、願いが叶えられた世界(パラレルワールド)の実在を確信して、「絶対に無理だ」と世界中から断言された、アメリカの独立を成し遂げた、建国の父は、その不思議な経験を、恋愛、復縁、結婚などの願いを叶えられたい皆さんに、「私は叶えた!あなたの願望も必ず叶うよ!叶わない例外はないよ!」と、アメリカの議会図書館に保管される肖像画を通して、常に伝えてくれているんですよね。(・∀・)
今回は、アメリカ建国の歴史に、潜在意識、阿頼耶識の活用法と、恋愛、復縁、結婚を達成するパラレルワールド論のエッセンスが込められているというエントリーでした。
四面楚歌で八方塞がりの絶体絶命な状態から、偉業を成し遂げた偉人も、「皆さんの願望は、潜在意識、阿頼耶識が必ず叶えてくれますよ!」と、達成の前例を示しながら、時代を超えて伝えてくれていることを、瞑想中に限らず、日常生活で思い出してみてくださいね!

アメリカ建国にも達成力を発揮した、潜在意識、阿頼耶識活用法のまとめです。

・アメリカを独立に導いた建国の父たちは、ギリシャ哲学に傾倒して、古代の哲学者たち実在を確信して語り続けた、潜在意識、阿頼耶識を活用して受け取ることが出来る、パラレルワールドについての理解を深めました。
・アメリカ合衆国初代大統領である、ジョージ・ワシントンは、「重大な変化が起きない限り、我々は悲惨な運命を迎えてしまう」という絶体絶命の状況の中で、ヴァリー・フォージの森の中で瞑想を実践して、願いが叶えられた世界の住人から、願望達成後の景色を受け取りました。
そして、その景色の通りにアメリカ合衆国は100年、200年という時間をかけて発展を遂げていきました。
アメリカ合衆国という世界で最も影響力がある国家を作り上げた力が、皆さんの、恋愛、復縁、結婚の願望を達成するために、全力で力を注いでくれます!
・ジョージ・ワシントンは、後に天才数学者ラマヌジャンが出会い、恋に落ちる緑色の肌をした女神と似た、緑色の肌をした存在と出会い、様々な知識を受け取りました。
この存在は、願望が達成された世界から、どのような願いでも叶えてしまう達成力と、深い慈愛で、皆さんの願いを強制的に叶えてしまう、潜在意識、阿頼耶識の化身です。
自分はワシントンやラマヌジャンのように、その姿を目視したことはありませんが、それでも願望は達成されたので、皆さんも瞑想などで惜しみなく贈られ続ける、願望が達成された世界を受け取り続けてくださいね。
・アメリカ合衆国は「導く者(潜在意識、阿頼耶識、神仏)により建国された」と、ジョージ・ワシントンやベンジャミン・フランクリンは確信していました。
「アメリカ建国は、導く者の他力により賜った」ことを後世に伝えるために、ワシントンDCにある古代エジプトを模した建造物が、潜在意識、阿頼耶識の達成力を今にその歴史を伝えています。
このように、願望は自分で達成するものでも、なんとか出来るものでもありません。
自分で達成しようとするから「自力」の迷路に迷い込んでしまうんですよね。
願いは自分で叶えるものではなく、潜在意識、阿頼耶識の他力により「叶えられるもの」です。
・アメリカの議会図書館には、ジョージ・ワシントンが、潜在意識、阿頼耶識を活用して、パラレルワールドの入り口を開いた姿が肖像画として残されています。
この肖像画は、「どのような困難な願いも、潜在意識、阿頼耶識は叶えてくれる」という達成力を、今に伝え続けてくれています。
なので、皆さんの願望は、潜在意識、阿頼耶識が叶えてくれます!大丈夫ですよ!(・∀・)
皆さんのご訪問に感謝します。
また近日中に。