ロックフェラーが若かりし日、貯めたお金を雇い主に貸し年利7%で貸した所、一年で10日働いた賃金に相当する利益を手に入れました。
その時ロックフェラーは
「金銭の奴隷になるのは止めよう、金銭を奴隷にしよう」と考えます。
願望を抱えている人は金銭だけではなく、自分の願望の奴隷になっていませんか?
自分で選択するのでは無く、与えられると思っていませんか?
潜在意識は貴方の考えるままに結果を出す存在であって、乞い与えて貰うものでは有りません。
(潜在意識の法則は)得られるのを待つのでは無く、自分の心に適切な指示を出して結果を出させる
お願いするのではなく、既に手にした事を感じで「ありがとう。」と御礼を言いましょう(・∀・)
「与えて下さい」と願うのは、無い事の裏返しなんですよね。
金銭だと他人の財布に向かって願いを託したり
復縁関係だと彼や彼女に乞い与えて貰おうとしてませんか?
普段のイメージを少し見直して頂ければ幸いです。