こんにちは。(・∀・)
今日は上手に潜在意識へ刻印する事で、マーフィーが漠然と語った「富の蔵の扉を開ける」という事を
実際に実践し、その効果を実感してみましょう。(・∀・)
初めに、毎回、聞いている事なのですが、聞いている皆さんの願いは何ですか?(・∀・)
当ブログの読者様は、恋愛や復縁の願いを持たれている方が多いようなのですが
他にも、人間関係全般の願望から、ビジネスに対しての願望や、単にお金が欲しいといった方まで、本当に願望は様々だと感じております。
さて、今日の本題なのですが、その「欲する対象」は瞑想者の下へやって来るのでしょうか?(・∀・)
ここで答えは分かっていても、多くの方が「外から降ってくる」と考えてしまい、引っ掛ってしまうんですよね。(・∀・;)
「その時」と「結果」いうのは、外の世界の出来事の中で天から降ってくるのでは無く
瞑想者の内側から、溢れ出るものだったりするんですよね。(・∀・)
瞑想を行うとき、多くの方が、例えば
「今は失恋して、相手との間に何も無いから」
「お金が欲しいけど、今は手元にお金が全く無いから」
といった外の現状をベースにイメージを作り上げ、瞑想中に「無いものを今から呼び込む」といったイメージを行われている様に思えます。
これでは「無い」事がイメージの下地になるので、「今現在、何も無い」といった思考に苛まれてしまうんですよね。(・∀・;)
潜在意識の法則は、外の現象に期待するのではなく、「自分の中には、瞑想者が望む結果が既に準備されている」といった考えを、自らの欲求に照らし合わせて、心に準備されている答えに、思考やイメージを同調して行き、願望を達成するシンプルな法則なんですよね。(・∀・)
無いものを求めるのではなく、「御自身の中に準備されている結果」を繰り返し再確認する、これで現状は大きく動き出すと思いますよ。(・∀・)
恋愛であれば外での現象に流されず、御自身の中に準備されている「好きな人との幸せな毎日」を繰り返し瞑想の中で再確認してみましょう。
多くの方から御質問を頂いておりますが(本当にありがとうございます。(・∀・))
この思考法を是非試していただければと思う次第でございます。(・∀・)
今日は、答えは外から降ってくるのではなく、内側から溢れ出るという事を認識する事で、潜在意識の扉を開こうといった話しでした。
次回も似たような事を書きます。(・∀・)
個人的な話しになりますが、この間700万馬券が出た桜花賞を当てました。
何をどう、どこで買ったのかは、書くと自分の身元を特定そうなので詳しく書けませんが(・∀・;)
その時の思考法も、次回の似たような記事に書かせていただければと思います。(・∀・)