こんばんは。(・∀・*)
今日は、心の中の動きを不安視せず、着実に前へ進みましょうといった記事です。(・∀・)
何時のことか忘れたのですが(・∀・;)
以前、夜明け前の暗闇の中でも、川の流れは絶えず続いているという話をさせていただきました。
どうしても、願望に対して不安があると、晴れていた心の中に雲がさしかかり、まるで雨が降っているかのような感覚に陥ってしまいますよね。
でも、心の中に願望の種を蒔いた後、種から目を出させる為には、晴れの日だけが続いてもダメなんですよね。
雨の日があり、晴れの日があって、初めて芽が出るんですよね。
ネガ(雨や曇り)な時があるから真剣に方法に取り組み
その結果、心がポジに晴れて来る。
このバランスって、とても大切なことなのかもしれません。
ネガティブになる時が無ければ、叶える事を怠けてしまって、方法自体に真剣に取り組まなくなるという事もあるので。。(・∀・;)
不安があるから、どうしても叶えたくなる。
不安だって養分なのかもしれないという位で受け止めて、頑張り過ぎない程度に願望を達成するための方法に取り組み
自分の為だけの叶える方法を探究していきたいですよね。(・∀・*)
知的好奇心と探求心があれば、大抵の事は身について自分の技術に出来るので・・(・∀・*)
心の中の願望の種から、芽が出るその時を「既に手にした」心の状態で手にされてくださいね。(・∀・*)
今日は、曇りや雨でも、晴れた日は、必ず来るよといった話しでした。(・∀・*)
最後までご覧いただきありがとうございました。(・∀・)