こんにちは。(・∀・)
「◯◯という事が起きました」
「好きな人から連絡がありましたが、事務的な・・・」
「◯◯といったシンクロが・・・」
というご相談が多く寄せられているので、みなさんと一緒に初心のおさらいが出来ればと思い記事を書かせて頂いております。
初心だからこそ、基本中の基本で本当に大事なことなんですよね。(・∀・)
以前書かせていただいた『』という記事なのですが
ここで道元の
『「座禅中に、神や如来や菩薩が現れたら、想像の中で槍を持って突き殺せ」とも説き
座禅や瞑想によって起こる神秘体験に引き込まれ、こだわりを持つ事を厳しく諌めました。』
という言葉を紹介させていただきました。(・∀・)
願望を達成する為に瞑想を行っていると
シンクロとか復縁を希望する相手からの連絡があったり、好きな人の近況とか情報が入ってきたりします。
これが、道元が槍で突き殺せと言った『坐禅中に現れる、神や如来や菩薩』です。
しかし、「突き殺せ」というのは物騒な表現ですね(・∀・;)
本当のところ、道元が何を言いたかったかというと
「目の前で起こることに、心を奪われると、内道ではなく外道の道を進むことになるので
どうか、心安らかに今現在達成されたイメージを楽しんでください」
個人差はありますが、瞑想を始めると、シンクロと言われるものが起きたり、他にも色んな出来事に遭遇します。(・∀・;)
こう言った物を「見えないところで何かが進んでいる」ことを知る目安として感謝するのは良いと思うのですが。
「シンクロが起きたから◯◯」という感じに受け止めてしまっては、願望達成の主体が
本来の目標から外れて、過程で起きる出来事やシンクロを起こすことになってしまいます。
願望達成の道を言うのは先は闇です、何が起きるかは誰にもわかりません。
だからこそ、願望達成の過程で起こる、シンクロや色んな出来事にすがりたくなります。
復縁での例になりますが、不安で仕方がない人なら、起こったシンクロや出来事を知人などに話し「復縁できると思う?」などと相談してしまうこともあるでしょう。
相談相手が潜在意識に理解があり、ただ安心したいだけというのなら、まだいいのですが・・・
そうでない方に否定されて本気で落ち込むという人も少なからずいらっしゃるので、「外」に答えを求めたりするのは、熟考してからの方が良いと、自分はアドバイスさせて頂きたいと思う次第です。(・∀・;)
願望達成の道中で安心を求めてシンクロなどにすがるのは
道に落ちてる小銭拾いに熱中して、財宝を手に入れる事を止めた人と同じなんですよね。
では、「小銭は拾うな?」と言うのかと言われそうなのですが、そうじゃなく
「今日の1000円も、一週間後の1000万円も、どちらも大切」なものなんです。
小銭も拾って財宝もいただくのが、本来の道なんです。
今日の1000円がないばかりに、1000万円を受け取る場所へのバス代が工面できないという事もあります。(・∀・;;)
営業で言うなら、小口の取引先を粗末に扱ったばかりに、その企業と繋がりのある大口の取引先まで怒らせてしまった。という状態です。
だからといって、朝から晩まで小口の取引先ばかり何件もまわって、大口の取引先に行かなければ本末転倒ですよね。
シンクロにすがるのは、こんな状態なんです。(・∀・;)
『坐禅中に現れる、神や如来や菩薩』
この意味がなんとなくですが、掴めて頂けたかと思います。(・∀・)
脇見をして、本当に大切な物を見失わないでくださいね。(・∀・)
ゲームでいう所のフラグ回収ばかり気にして、エンディングがパッとしなかったのと同じ状態です。