潜在意識のマナで心が満たされれば達成は宿命になります。

(1)群衆のお腹を満たしたマナに、潜在意識の活用法と願望達成のヒントが。

さて、食料として登場した「マナ」とは、どのようなものだったのでしょう?

聖書にはこのように残されています。

モーセが「見なさい、私はあなたたちのために、天からパンを降らせる」(出エジプト記16)と言葉を発すると、真っ白な甘い煎餅(せんべい)のような食べ物が地上に降ってきたそうです。

モーセが「天から降らせる」と先に世界に宣言して、そのままの結果を達成したことにも注目です!

その食べ物を見たイスラエルの民の方々が「マン・フー(これは何?)」と、言いながら食べたことで、そのマン・フーが語源となり「マナ」と呼ばれるようになりました。(・∀・)

この「マナ」が民族単位で荒野を移動する、モーセとイスラエルの民の方々のお腹を、40年間も満たしたんですよ。

 

(2)潜在意識、阿頼耶識は、願望達成の過程でも、皆さんを満たしています。

モーセと共にイスラエルを目指された方々に必要なものは、何十年と続いた旅の道中で食べるための食料でした。

本日のエントリーで書かせて頂いた通り、神(潜在意識、阿頼耶識)は、イスラエルの民の方々が40年間の長旅の間、そのお腹を満たすために必要だった食料を愛する我が子(イスラエルの民)に、十分すぎるほどお与えになられたんですよね。

皆さんが、今ここで必要とされているものは、大好きな彼や彼女の好意や愛情ではないでしょうか?

「大好きな彼や彼女から言葉として安心できるメッセージが欲しい」

この寂しさや不安、悲しさで満たされた状態にある心は飢餓状態にあるのですが、神仏、潜在意識、阿頼耶識は、自身の存在を通して、皆さんに向けて彼や彼女からの「愛情や、恋愛、復縁、結婚が達成できる世界を与え続けてくれている」んです。

 

(3)潜在意識、阿頼耶識は、私の恋愛のや復縁の願望にマナを与え続けてくれるのかな?

現実世界の彼や彼女が冷たくても、素っ気なくても、音信不通な状態だと「本当かな?」と不安が湧いてくるのですが、大丈夫ですよ。(・∀・)

潜在意識、阿頼耶識を通して、皆さんに「復縁しよう」「結婚しよう」と約束を交わしてくれるのは、目の前の彼ではなく、願望が達成された世界にいる彼や彼女さんなので、目の間の彼が何を言ったとしても、冷たい態度を取り続けていたとしても、皆さんが瞑想などを通して、潜在意識、阿頼耶識を活用される限り、願望達成が決められた世界に向けて、皆さんご自身も、そして彼や彼女も強制的に導かれて行くんです。(・∀・)

私達は、24時間を過ごせば、新しい日付の生活を迎えることになりますよね。

これは運命ではなく、宿命と言われるもので、変えることが出来ません。

この「24時間経てば新しい一日が」という避けられない宿命に、潜在意識、阿頼耶識を活用した願望達成はとても似ていて、瞑想などで、願望が叶えられた世界を先取り観測して、その世界を受け取り続ければ、願いが叶えられることは、例えば結婚の願いであれば、皆さんとそして好きな彼や彼女がお二人が結ばれて、幸せな家庭を築かれることは、避けて通れない「宿命」になるんです。

なので、今現在、皆さんと大好きな彼や彼女との関係がどうであれ、瞑想などで、潜在意識、阿頼耶識を活用すれば、願望達成は「宿命」となり、あらゆる問題や矛盾さえ超えて、瞑想でイメージした通りの世界を受け取ることは、避けて通れないものになるんです。

 

「好きな人をデートに上手く誘うことが出来ない、声を掛けることも出来ない」

「好きな人から避けられている」

「憧れるだけで、相手が日本にいるのか外国にいるのか分からないし、接点すらない」

 

このような状況にある方もいらっしゃるのではないかと拝察します。

このような状況の中にあると、残酷な現実に打ちのめされてしまいそうですが、それでも、潜在意識、阿頼耶識を活用して、願望達成を「宿命」に変えてしまえば、今がどうであろうと、願望達成が不可能と思えるような状況であっても、必ず願いは叶えられてしまうんですよね。

なので、瞑想などで、潜在意識、阿頼耶識に願望を浸透させれば、「強制的に願いが叶えられてしまう」ということになるんです。(・∀・)

願望が達成された世界にいる大好きな彼や彼女から、潜在意識、阿頼耶識を通して送られる、「私達は結ばれるよ」という、マナで皆さんの心をお腹いっぱいに満たしてみてくださいね。

 

参考エントリー

潜在意識、阿頼耶識を通して、会いたいなら会おうよ

 

すると旧約聖書の中に登場されるイスラエルの方々のように、皆さんも神様(潜在意識、阿頼耶識)が、皆さんただ一人のために準備してくれた、大好きな彼や彼女と結ばれて結婚した世界に、必ずたどり着くことが出来ますよ!

だって、お二人が結ばれることは、潜在意識、阿頼耶識が約束した「宿命」ですもの!(・∀・)

太平洋諸島の方々が大切にされる、あらゆる願いを叶える心の力である「マナ」

旧約聖書に残されている、約束の地(願望が達成された世界)に導かれ、荒野を旅する人々のお腹を満たし続けた「マナ」

2つの「マナ」が皆さんを願望達成に向けて、必ず導いてくれますので、安心して願いが叶えられた世界と向き合われてみてくださいね。

その願いは叶いますので、大丈夫ですよ!(・∀・)

 

潜在意識、阿頼耶識が、皆さんを満たし続けるマナについての「まとめ」です。

 

・太平洋諸島に住む方々には「マナ」と呼ばれる、全ての願いを叶えてくれて、瞑想者を満たし続けてくれる概念が存在ます。

この概念は、潜在意識、阿頼耶識と同じものです。

 

・旧約聖書にも同じく「マナ」が登場します。

モーセに導かれ、エジプトを脱出したイスラエルの民の方々が、荒野をさまよった40年の間、大勢の方々のお腹を満たし続けて、約束の地(願望が達成された世界)に、彼らを導きました。

 

・太平洋諸島の文化と、旧約聖書に登場する「マナ」に願望が達成される大いなる願望達成力を見ることが出来ます。

願望達成までの道のりである「過程」は、何もない寂しく孤独の道に見えますが、実は願望が達成された時間軸にいる大好きな彼や彼女から「大好きだよ」「結ばれて結婚しているよ」というマナのメッセージで満たされ続ける旅なんですよね。(・∀・)

少し未来の世界から送られ続ける、その気持ちを素直に受け取り続ければ、皆さんの願望達成は「宿命」となり、叶えられることが決して避けられない事実になります。

 

・大好きな人と結婚したら、今度は皆さんがマナを彼や彼女に食べさせてあげましょう。

「幸せだよ」と想いを送るだけで、結婚生活はマナで満たされますよ。(・∀・)

 

皆さんのご訪問に感謝します。

また近日中に。