みなさま、いつもありがとうございます。
今日はTwitterの方で、福岡の恋木神社を紹介させていただきました。
お昼休みの時間に立ち寄ったのですが、ゆっくりした感じで、とてもいい感じでしたよ。
恋愛の神社なので、やはり参拝されてるのは女性が多いのと、社務所には優しそうなイケメンお兄さんがいらして
さらに癒やし効果が増しているような感じでした。(・∀・)
さて、というわけで今日は神社参拝の話。
色々と作法や心得みたいな物がネットで検索すると出てくるのですが
ちょっと思うことがあるんですよ。
お願いする時って「○○を叶えて下さい!」って願うじゃないですか?
ここはやっぱり、叶ったことを前提に行くべきだと思うんです。
相手は神様ですよ?(・∀・;;)
こっちの願いなんて聞かなくても分かってらっしゃいますよね。
もちろん、神様から見れば叶えることなんてお茶の子さいさい、何の労力も必要ないというか、既に達成を準備されてると思うんです。
潜在意識と同じですね。(・∀・)
昔なんかの番組で、誰が言ったのかも覚えてないのですが
こんな質問が番組中に出てきたんです。
「お守りを幾つも持ってたり、神社を幾つも参拝すると神様同士が喧嘩したりするって本当ですか?」
その質問に対する返答が
「日本の神様は八百万の神々と言って、元々たくさんの神様がいらっしゃるので、喧嘩なんかするはずないですよ。神様同士は仲良しなんです」
私は「ほおおおおおー!良いことを言うなー(・∀・)」と関心しましたよ。
私達は神様や仏様、潜在意識に願いをしているわけで
「○○しないと叶えてあげない」ってケチンボ野郎にお願いしてるわけじゃないですよね。
なので
・神仏や潜在意識はこちらのお願いはお見通し。
・願う前から、みなさまの個々の願いの達成は準備してくれてる。だって神仏で潜在意識だもん!
ということを念頭に置いて参拝していただくと、神仏の気持ちが心にしみてくると思うんです。(・∀・)
なので、お願いに行くときは、初めからお礼参りに行く気持ちで
「叶えてくれてありがとう」という感謝を伝えに行くのがベストだと思います。
そもそも人間が決めた堅苦しい作法に従えば、神仏から利益がもらえるなんて考えは神仏に対する侮辱なんですな。(・∀・;;)
また料理での例え話になりますが
神様仏様潜在意識様が、美味しい手料理を準備してテーブルにならべてくれてるとするじゃないですか?
で、招待された側が目の前の手料理に手を付けずに、「美味しい料理を食べたいです」
と言っちゃうのが、「叶えて下さい参拝」なんですよね。(・∀・;;)
これでは、与えてくれる側と与えられる側で話が噛み合いません。
神社で拍手を打ちたいなら、お礼の気持を手に込めて世界中を振動させる。そんな気持ちでやっちゃいましょう。
許されるなら、お礼の品のお神酒をあげていいし、コインに感謝の念を込めて賽銭箱に入れて来ましょう。
きっと、気の良い神様が皆様のお礼を喜ばれて、神社の中で酒盛りを初めて、願いの成就を祝ってくれますよ!(・∀・)
汝、神を疑い試してはいけない(申命記6・16)です。
というわけで、近日中に!
潜在意識で願望を達成しようTwitter
https://twitter.com/SenzaiAlaya