潜在意識、阿頼耶識に任せれば、「過程」が消えて「達成」だけが存在する

潜在意識、阿頼耶識を活用するなら、潜在意識、阿頼耶識だけを見ましょう

このエントリーは「ややこしい問題は、潜在意識、阿頼耶識が解決する「過程」として任せましょう!」の第三部となっております。

本日の第三部は、「とにかく、潜在意識、阿頼耶識だけを見よう」というエントリーです。

さあ、願いを叶えて、問題も解決してくれる大いなる慈愛の存在だけを見てみましょう!

 

(1)量子論と、潜在意識、阿頼耶識活用について。

「観測すれば、それは存在する」「観測しなければ、それは存在しない」

潜在意識、阿頼耶識を活用して願望達成を目指すこと。同じく、潜在意識、阿頼耶識に問題を解決してもらうための大きなヒントが見えてきますよね。

観測しなければ存在しないのであれば、例えば元彼や元カノ、好きな人が冷たいとか、音信不通だとか、他の人と結婚するかもしれない、結婚したかもしれないといった状況さえも、見なければ「嫌われた」とか「結婚するかも」といった状況の輪郭がフニャフニャを崩れて、この世界に実在出来なくなってしまうんです。

そして、「問題も願望達成までの過程です」と書かせていただいたのですが、問題や不安が実在するための輪郭がフニャフニャのままで、潜在意識、阿頼耶識に受け渡すことが出来ますので、簡単になかったことに出来たり、形自体を「問題」から「幸運な出来事」に変えてしまうことも出来てしまうんです。

この輪郭がフニャフニャの状態で、潜在意識、阿頼耶識に渡すことを、「潜在意識、阿頼耶識に任せる」と言います。

仏教の経典の中でも願いを叶えるための経典と言ってもいい、法華経で紹介されている「一心称名」という願いを叶える方法があります。

どういうものかと言いますと、問題は一切見ずに、願いを叶えてくださる仏様、菩薩様である、観世音菩薩様だけを、目で、心で見ながら、ただただ「観世音菩薩様、仏様、願いを叶えていただきありがとうございます!南無南無。。」と、一心に感謝するという方法なんです。

NTTさんが実証した量子論の、「問題は見ないければ存在しない」「願望達成された世界を見れば、存在する」という物理法則を、遠い過去から伝えられる願いを叶えるための仏典にも書かれていたということなんです。

 

(2)潜在意識、阿頼耶識は「過程」を消して、みなさんと達成された世界を直接繋げてくれます。

問題を見ずに、潜在意識、阿頼耶識、神仏を「全てを解決して叶える存在」として称えて見つめながら、感謝する「一心称名」という方法。

この方法と、願いが叶う瞑想法を実践すると、とても面白いことが起きます。

まず、一心称名で、神仏、潜在意識、阿頼耶識だけを見て、広がり続ける、護られて救われ続ける世界。
そして瞑想法で、願望が達成された世界だけを観測して、イメージそのままの世界に固めて見せてくる世界。

皆さんから見られることがなくなり、フニャフニャな輪郭しか持てなくなった「問題」や「悩み」といった存在、つまり願望達成までの過程にあったものが、存在しないことになってしまうんです。

問題を見ずに、願いを叶えてくれる、潜在意識、阿頼耶識、神仏というありがたい存在を観測。そして叶えられた世界のイメージを眺めて観測することで、皆さんと願いが達成された世界が、直接繋がって、「まず願いが叶えられる」「そして、願いが叶うまでの道程にあるはずだった過程が、願いが叶えられた後に後付でで作られるて見えてくる状態」に入ることが出来るんですよ。(・∀・)

まず願いを叶えて、後日談として「潜在意識が後から作った過程を知る」という流れもあるんです!例えるなら、ヒットしたラブコメアニメや恋愛ドラマの放送終了後に、番外編が作られて「実は幼い頃に二人は出会っていた」といった後付ストーリーが作られて放送されるのと似ているかもしれません。

こうなったら、「願いが叶うことが大前提」という、潜在意識、阿頼耶識の法則のまま、願望達成を迎えられるようになるんです!

 

(3)まだ見えない未来の世界を、どうやって観測して、潜在意識、阿頼耶識に渡すの?

まだ見ていない世界を、どうやって観測して、どうやって世界の景色として固めるのか?という難しい問題が出てきますよね。

しかし、簡単に出来てしまうんですよ。(・∀・)

どういうことかと申しますと、瞑想中に「神様が描かれた絵画や、仏像などにある第三の目」で、願いが叶えられた世界をイメージして、観測すれば、世界がイメージ通りに存在するようになるんです。

第三の目とは?

仏像や宗教画に見られる、眉間の上にある「もう一つの目」のことです。脳に在る松果体と関係があるとされ、不思議な力が宿っていると伝えられています。

願いを叶えるための瞑想法で願いが叶えられた世界を観測する際も、おでこの第三の目がある部位でイメージすると、さらに効果が上がります。

普段から第三の目がある部位をマッサージしたり、お灸で温めるのも、潜在意識、阿頼耶識活用にとても有効です。

問題は一切見ずに、瞑想で、神仏、潜在意識、阿頼耶識だけを見ながら感謝をする。

そして、願望を達成したイメージを第三の目で観測する。

こうするだけで、煩わしい問題は、この世界に存在するための輪郭を失い消えていきます。そして、復縁、片想い、結婚などの願望も、潜在意識、阿頼耶識が叶えてくれますよ!

 

皆さんのご訪問に感謝します。また近日中に。