潜在意識、阿頼耶識、神仏の力、言葉は違えど全てはゴールに導いてくれる、大きな大きな力!
さあ、今日も潜在意識と共に願望達成を目指そう!(・∀・)
神仏、潜在意識、阿頼耶識に軸を置く「他力軸」で安心な毎日
自分でも他人でもなく、神仏、潜在意識、阿頼耶識の本願に軸を置く「他力軸」で、毎日の景色がが安心と願望達成の景色に!
今回は、話題の「自分軸」や「他人軸(他者依存)」ではなく、もっと、潜在意識、阿頼耶識に任せる生き方を楽しもうといったエントリーです。(・∀・)
今、どうして良いか分からない方に、新しい生き方の提案が出来るのではないかなと考えております。
というわけで、本日も何卒よろしくお願いいたします!
さて、今話題の「自分軸で生きる」と「他人軸で生きる」を基準に、私たちの生き方を考えてみると、どちらが最善なのか分からなくなるんですよね。(・∀・;)
軸を自分に置けば、「自分以外は幻の世界」という考えに陥ってしまい、協調性や周りの迷惑を考えない言動を取ってしまうこともあります。
かといって、他人に軸を置いて人生を生きれば、自己の基準を他者評価が占めることになってしまい、自分軸と同じように何が起きても「他人が悪い、私は決断してないから何も悪くない」となってしまいます。
自分軸と他人軸って、全く正反対の生き方のようで、実は根っこは同じなんですよね。(・∀・;)
潜在意識、阿頼耶識の法則、つまり「神仏の心」で人と人の関係を見た場合ですと、自分も他人も同じく「可愛い我が子」なんですよね。
なので、自分軸の生き方について、潜在意識、阿頼耶識(神仏)の親心の真意を問えば、「自分の事ばかり主張しないで、少しは周りに配慮しなさい」と叱られるだろうし
他人軸の生き方を同じように、潜在意識、阿頼耶識(神仏)の親心に問えば、「もっと地に足をつけて」と心配される、親の思いを触れることが出来るかもしれません。(・∀・)
「自分が自分が」でもバランスが取れないし、「他人が依存が」でも同じようにバランが取れないんですよね。(・∀・;)
しかし、私たちが自分で考えて、自他のバランスを取ろうとしても、これがなかなか難しいんです。
潜在意識、阿頼耶識を活用して、復縁、恋愛、結婚、社会的な成功を迎える、願望達成でも同じことが言えるんですよね。
人は、人生が上手く運ばなくなると、宗教や心の力である、潜在意識、阿頼耶識の法則に頼ります。
ところが、潜在意識、阿頼耶識の力などで、全てが好転すると、「もう自分の考えや自力でやっていける」と思い始めてしまうんですよね。
上手く行ってるときほど、「自分、自分、自分」という気持ちが強くなってきます。
でも、人生は「いい時間」が、ずっと永遠に続くわけではないんですよね。
恋愛、復縁、結婚、社会生活、学業、健康、人間関係、親子関係、その他、人生にまつわる出来事の全般についてもですが、良い時もあれば、調子が落ちる時も必ずあります。(・∀・;)
すると、今まで調子よく「自分が」を謳歌していた気持ちと、現実的な環境のギャップに、心が対応出来なくなってしまい、「周りが、周りが」と心の外の景色に一喜一憂してしまう気持ちになってしまうんですよね。
どんなに調子がよく見えても、遅かれ早かれ陰りは生じるもので、また、今がどんなに調子が悪くても、遅かれ早かれ、事態は好転するんですよね。
なので、「自分軸」や「他人軸」だけで人生を考えて生きると、苦痛が生まれるのかなと拝察しております。
そこで、どこに「軸」を置くのかという疑問が湧いてくるのですが、当ブログでは、今後のテーマとして
「他力軸」を、皆さんに提案して行こうと考えております。
「自分」でも「他人」でもなく、「他力」を軸に置く生き方??それは何だと驚いてしまいますよね。(・∀・;)
他力は、正しい意味での「他力本願」を軸にした生き方なのですが、「他力本願」と見聞きすると、「他者依存」のような印象を受けてしまいますよね。
過去のエントリーでも書かせていただいたのですが、「他力本願」は他人に依存するとか、他人に任せるという生き方ではなく
仏様(潜在意識、阿頼耶識)が立てられた「可愛い我が子である、皆さんを救うぞ」という願いは、私たちを本当に救ってしまう摩訶不思議な力があります。
この仏様(潜在意識、阿頼耶識)の力を、「他力」と言うんです。(・∀・)
潜在意識、阿頼耶識の視点で見れば、他人に任せて依存することも、相手が人間である以上、「自力」の救いになるので、他人への依存は、「他力」ではないんですよね。(・∀・;)
仏様(潜在意識、阿頼耶識)の解決力や救済力、そして願望達成力を、本来の意味での「他力本願」と言います。
その「他力」に、私たちが心に抱える問題や体を委ねる生き方が、「自分軸」や「他人軸」でもない、「他力軸」なんです。(・∀・)
例えば、恋愛、復縁、結婚の願いをお持ちの方であれば、「彼(彼女)の気持ちがわからない」という問題に悩まれてしまいますよね。
・以前は二人で楽しい時間を過ごせたのに、今日は大切な人の起源が悪かったり、態度が素っ気なくて、戸惑ってしまう。
・大切な人の言動や態度を追いかけていたら、もう疲れてしまった。
・そもそも、願望を達成できる見込みが全くない
このような状態の中で、自分軸で頑張って「自分は愛されている」とか「自分を好きになる」と無理をしても、疲労感が増すばかりなんですよね。(・∀・;)
かといって、他人に依存したり任せると、結果以前に、目に見える範囲で全てが常に上手く進まないと、「他人が悪い」という思いが湧いてきてイライラしてしまうんですよね。(・∀・;)
そこで、「自分軸」でも「他人軸」でもなく、間に入ってくれて仲を取り持ってくれる、「他力軸」に生きてみると、これがとても楽な生き方だと気付けるんです。(・∀・)
神仏と、潜在意識、阿頼耶識の力は、全てを最善に解決してくれる力なので、自分であれこれ迷ったり悩んで解決を目指したり、他人事としか解決策を考えることが出来ない他人に任せてるより、安全で確実なので安心感が桁違いなんです。(・∀・)
ここでなのですが、「自分」と「他人」を離れて、物理法則や矛盾を超えて、全てを解決してくれる、神仏や、潜在意識、阿頼耶識に、私たちの「軸」を置いてみましょう。
置き方は、もオススメです!
のエントリーもご覧いただけましたら幸いです。(・∀・)
神仏(潜在意識、阿頼耶識)は、私たちを救いたいと、心を砕いて全てを準備してくれている。
そもそも、未来の起きるはずの全ての願望達成や問題解決は、既に、潜在意識、阿頼耶識に起きたこととして「記憶されている」
こう考えて「他力軸」に生きてみると、今現在、私たちが背負ってる「重いもの」を、神仏が私たちに変わって運んでくれることに気付けます。
今まで背負っていたものを、全て神仏に任せられるので、今まで不安や悩みで楽しめなかった、あんな趣味、こんな趣味も楽しめるようになるんですよね。(・∀・)
例えば、恋愛、復縁、結婚の願いを叶えたいのだけど、いつも大切な人の一挙一動のことばかり考えて生活をしていたとしたら、「自分」でも「相手(他人)」でもない、「他力軸(神仏軸)」で願望と向き合うと、例えるなら、「成就率100%の仲人」さんに全てをお任せするのと同じになるんですよね。(・∀・)
神仏が仲人さんで全て最善に取り計らってくれるので、私たちはアレコレと悩む必要がなくなるんです。
むしろ、私たちが他力(仲人さん)に任せず自力で動くと、願望の進展が遅れることも理屈として分かってくるので、「任せる意識」を持つことが出来るんですよね。(・∀・)
潜在意識、阿頼耶識的な生き方としてもモチロンですが、願望を顕在意識で考える場合でも、「他力軸」だと随分と楽になるんですよ。(・∀・)
願望や問題を常に直視していないと、「不安になる」こともあるかもしれません。
不安に安心感を感じてしまうんですよね。(・∀・;)
でも、不安に安心感を求めてしまうと、本当に疲れてしまうんですよね。
常に集団の輪の中にいないと、「自分の悪口を言われるかもしれない」という、あの強迫観念に似ているかもしれません。
「他力軸」に生きれば、集団の中での調整も全て「神仏(潜在意識、阿頼耶識)任せ」
願望の過程や進展も、全て神仏が矛盾を超えて引き受けて解決してくれる!
最初に書かせていただいた通り、人生は良い時もあれば、調子を落とす時もあります。
そういったことも想定すると、「他力軸」で生きていれば、問題に流されること無く、常に最善の立ち位置で日々を自分らしく生きることが出来るんですよね。(・∀・)
もちろん、「他力軸=最善」を意識しているので、「どのような環境で生活していたとしても願いは叶う」ことと、「失敗しても最善を最短に到着できる生き方」に、心と体を置いていただけるかなと拝察しております!
「他力軸」で全ての願望を達成して、自分らしく生きましょう!(・∀・)
本日のまとめです。
・「自分軸」と「他人軸」は、根っこでは同じ生き方です。
・「自分」意識して生きれば、自分を強迫観念で追い詰めることになるかもしれません。
・「自分好き」を続けても、自身がなければ壊れそうなエンジンのブースト圧をあげるようなもので、後で疲労感に包まれます。
・「自分」も「他人」も、親心である仏様(潜在意識、阿頼耶識)から見れば、等しく可愛い我が子です。自分と他人で分けて考えずに、親心(他力)に任せてみましょう。
・他力である神仏、潜在意識、阿頼耶識は、恋愛、復縁、結婚の願望を任せれば、成就率100%の最善で最高の仲人です。就活、進学、社会的な成功の場合も同じく100%の確率で、最善の形で皆さんの志望を成就してくれるエージェントになってくれます。
・「他力軸」に生きれば、今現在、皆さんが背負っている全ての問題を、神仏や、潜在意識、阿頼耶識が代わりに背負ってくれます。そして最善の形で解決してくれます。
・「他力軸」に心身を委ねれば日々の生活で、今まで不安に時間を奪われ、手を付けられなかった趣味や勉強に時間を作れるので、人生が充実しますよ。
・自分軸でも他人軸でもない「他力軸」で生きると、自分も相手も「お互いが、おかげ様の気持ち」が湧いてきます。
・新しい「生き方」である「他力軸」の視点で、恋愛、復縁、結婚、社会的な成功など、全ての願望を考えてみましょう!
というわけで、また明日か明後日に!(・∀・)ノ