先日の結果だけをイメージするといった話しの続きです。
私達はどうしても、潜在意識に任せたつもりでも
結果を手にする時や、過程に何かと横から口を出してしまいがちになります。(・∀・;)
例えば
お金に対するイメージをした。→今度、お金持ちの○○さんに会うから、きっと○○さんが資金を援助してくれる。
宝くじを買ったから、これで今までイメージした大金が手に入るはず・・。
恋愛に対するイメージをした。→来週、好きな人と顔を会わせる予定がある、その時に連絡先を交換したり、誘ったりしてくれるはず。
しかし、これだと、期待していたときに入らないと期待を裏切られたと感じ欠乏感に苛まれてしまいますよね。
これは、本来潜在意識が用意してくれた、結果を手にする「その時、その場所」では無く
自分で見当外れの「その時、その場所」に期待してしまう事で起きてしまうんですよね。(・∀・;)
財宝が埋まっている場所から、少し離れた所を掘って
「何も出てこないじゃないか!」と期待を裏切られた心境になってしまい
悲しくなって諦めてしまうのに似ているように思えます。
潜在意識は瞑想者が認識出来ない場所でも、その働きを発揮してくれるので
先の事を限定せずに、あらゆる場所で(一見そう見えなくても)自分の望む方へ進んでいると考え、必ずやって来る達成の時を楽しみにイメージしていた方が
遥かに可能性は広がります。
お金を手に出来る場所は、思ってもいなかった人からの援助や
考えもしなかった何か誘われるがままに行った結果かもしれません。
好きな人と連絡先を交換して、会う約束をするのは、二人の共通する場所や先の予定ではなく
考えもしなかった場所で偶然バッタリ会って、世間話をしているうちに、二人の時間を勝ち取るのかもしれません。
相手の方が偶然見た夢に、貴方が出てきたり、貴方の知らない場所で、相手の方が共通の知り合いと話しているうちに、貴方の事を気になる人と認識しだすかもしれません。
潜在意識が導いてくれる達成までの道は、本当に想像の外の出来事なんですよね。(・∀・;)
なので、変に可能性や先の出来事を限定せず、潜在意識が準備してくれる、想像も出来ない「その時」に、皆さんが感謝し喜びに浸っていただければと思っております。(・∀・)
今日は、目指すゴールは特定の一つでも、そこに到る道は無限にあるといった話でした。(・∀・)