潜在意識、阿頼耶識、神仏の力、言葉は違えど全てはゴールに導いてくれる、大きな大きな力!
さあ、今日も潜在意識と共に願望達成を目指そう!(・∀・)
潜在意識、阿頼耶識に向き合わないから悩むんです。
潜在意識、阿頼耶識と現実世界の現象を結びつけて考えるから、悩むし疲れるし、願いが叶わないんです。
今回は、潜在意識、阿頼耶識を活用する上で、ついつい忘れてしまう大切なことを、皆さんと一緒に復習できればと考えております。(・∀・)
本日も何卒よろしくお願い致します!m(_ _)m
さて本日は、潜在意識、阿頼耶識、それと当ブログとは余り関係はないのですが、流行りの「引き寄せの法則」を活用される中で、よく見られる光景なのですが。。
現象世界で起きる出来事と、潜在意識、阿頼耶識の作用を結びつけることってありますよね?
「これって、潜在意識、阿頼耶識、引き寄せですか?」
「こんな良いことがあったのですが、これも、潜在意識、阿頼耶識の力ですよね?」
皆さんもどこかでご覧になられたことがあるかもしれません。
この、心の外の世界(現象世界)と、潜在意識、阿頼耶識を結びつける考え方は、第三者視点で眺めてみると、凄く危ないんですよね。(・∀・;)
世界で起きることを、自分の心や思考と結びつけながら生活を営むと、確実に心を病むと考えております。
現実世界と自分の境界線が曖昧になると、あの人の言動も、社会での出来事も、全て自分の思考と関連付けてしまうようになるんですよね。(・∀・;)
これが、心の外の景色に「一喜一憂」しない理由の一つなのかもしれません。
「これも、潜在意識、阿頼耶識?」
「あれも、潜在意識、阿頼耶識?」
どなたでも経験があると拝察するのですが、こういう思考は、心の外に一喜一憂しているから湧いてくるんですよね。(・∀・;)
また同じようなケースですと、このような疑問も該当すると考えております。
「こんなことがありました。どうしたらいいですか?」
「今まで頑張ってきたのですが…」
「このような状態ですが、願いは叶いますか?」
潜在意識、阿頼耶識を活用されて、まだ日が浅い方であれば、どなたでも同じように疑問や不安を持たれるのも当然のことだと拝察するのですが、これが一ヶ月、三ヶ月、数年と、このような疑問を持たれているケースですと、潜在意識、阿頼耶識の他力ではなく、現実で起きる出来事に振り回されているのではないのかなと感じることがあります。
現実と心を関連付けて考えると疲れませんか?(・∀・;)
疲れが酷くなると願望達成にかかわらず、社会生活全般に対して無気力になったり、些細な事でも敏感に反応してしまいますよね。
当ブログで度々取り上げている、恋愛、復縁、結婚などの願望を叶えられたいケースですと、大切な人の言動は日々変わるし、お二人を取り巻く環境も変化していくのですが、その全てのこととご自身の心を繋げて考え始めると、「あれも対応しないといけない、これも解決しないといけない」と、問題ばかり増えていくんですよね。
潜在意識、阿頼耶識を活用する基本は、心の外の景色に一喜一憂しないことと、自力ので解決策を模索しないことがあるのですが、実はこの「心の外に一喜一憂しない」という大原則は、私たちに馴染み深い仏教の教えにも見ることが出来ます。
親鸞聖人が残された、「自然法爾(じねんほうに)のこと」には、このように書き残されています。
「仏様(潜在意識、阿頼耶識)の沙汰は矛盾を超える摩訶不思議な力ですが、その御沙汰(過程で起きること)を詮索してはいけません。
そうすることで、法爾とは矛盾を超える、潜在意識、阿頼耶識の達成力。自然とは自然の法則として当然のこととして願望が達成されることです。
(リンクです)に関してましてはこちらをご覧ください。
「大切な人が、こんな言動を!」
「これも達成に向けた、潜在意識、阿頼耶識の作用ですよね?」
「こんな思考が、こんな思考が」
いやいや、そうではなくて、良いことが起きても悪いことが起きても、それをジャッジしたり詮索せずに、ただただ、潜在意識、阿頼耶識に、願望が達成されたイメージを受け渡すことが大切なんですよね。(・∀・)
願望を受け渡すことが、潜在意識、阿頼耶識、そして仏様や神様の世界に記憶として存在する、達成された世界を「思い出す」ということになります。
「思い出す」に関しましては、のエントリーをご覧いただけましたら幸いです。
願望達成までの真っ直ぐな一本の道を想像していただけましたら嬉しいです。
達成された世界を、潜在意識、阿頼耶識に受け渡すことが、願望達成の一本道を真っ直ぐ進むことになります。
そこで、「大切な人の態度がこうだった」とか「こんなことがあった」と、そういった出来事は、既に準備されている願望が達成されていた世界とは、何の関係もないんですよね。(・∀・;)
現実世界で起きる「◯◯が」という出来事を見て、あれこれ悩んだり、ゾロ目の数字を見て喜ぶシンクロが起きたと喜ぶことが、私たちを願望達成の一本道から脇道に迷わせてしまうんです。(・∀・;)
良いことが起きても、望まないことが起きても、それは願望達成とは何の関係もないことです。
悪いことも勿論ですが、嬉しい出来事も、願望達成とは切り離するのが、潜在意識、阿頼耶識活用の王道なんですよね。
もちろん王道や本道から逸れてしまったとしても、そこから、潜在意識、阿頼耶識の沙汰を詮索しないことと、瞑想などで達成された世界だけをイメージして楽しむことを実践されれば、それだけで大丈夫なんです。
大切な人との、恋愛、復縁、結婚の成就。
社会的な成功の達成。
円満な人間関係に身を置いて毎日の生活を楽しむ。
皆さん、色んな願いをお持ちかと拝察します。
願いにまつわる様々な悩みや不安もありますよね。(・∀・;)
でも、そういった不安や悩みと、意識を結びつけて「ああだこうだ」と詮索するのではなく、願望が達成された世界を先取り観測(達成された世界を思い出す)ことに、意識を向けていただけたらと願っております。
安心感があるでしょ?(・∀・)
起きてしまった出来事に憤慨したり、悲しんだり、理屈を拗らせるのではなく、潜在意識、阿頼耶識で願望を達成するための、真っ直ぐな道を進んでいただけたらと願っております。
今回の「心と世界を結び付けない」という話に、願望がどうして叶わないのか?何となくですが理由や解決策を詰め込んでみました。
お役に立てましたらうれしいです!m(_ _)m
本日のまとめ
潜在意識、阿頼耶識と、現実世界で起きる出来事を結びつけて生活を営めば、心が疲れて病みます。
・「こんな嬉しいことが」「こんな悲しいことが」といったことも、願望達成された世界とは何の関係もありません。
・「こういう現状でも叶いますか?」と聞かれれば、「そういう現状は関係ないから叶います」とお答えします。(・∀・)
潜在意識、阿頼耶識で願望を達成する大原則は、叶えられた世界を先取りすることですので、目の前で起きていることや過去に固執せずに、叶えられた世界をイメージして楽しみましょう。
・大切な人や関係する人が過去にどうとか、今どうしてると悩めば、その世界に捕らわれます。
・自然法爾のことのまま、潜在意識、阿頼耶識が作り上げる沙汰(過程)は、人の脳では理解できない世界なので、詮索しないことが大切です。
というわけで、本日のラジオブログはお休みです!
次回は、Picoさんに教えていただいたパワースポットを紹介できればと考えております!
潜在意識、阿頼耶識と現実世界の現象を結びつけて考えない!
達成された世界だけを受取る!で願いを叶えましょう!(・∀・)
それでは近日中に!(・∀・)ノ