どんな願望も、潜在意識、阿頼耶識で願望を達成しましょう!
本日は、恋愛関係の願望について、皆さんと最善の達成法を考えさせていただければ幸いです。
潜在意識、阿頼耶識で、彼と彼女の決意を受け止めよう
潜在意識、阿頼耶識を活用する瞑想で、今の生活ではなく、皆さんとの生活を選ばれて向かわれる大切な彼(彼女)の気持ちに寄り添いましょう。
何かと難しいと考えてしまいがちになる、恋愛、復縁、結婚の願い。
連休で何とか少しでも、良い方向に進ませたいですよね。(・∀・)
この連休は、「彼(彼女)と一緒に過ごしたかったな」といった、寂しさを感じられている方もいらっしゃるのではないでしょうか?
そして、寂しさがつのって行くと、心の中から様々な思いが噴き出しきますよね。
「あなたのことで苦しいよ、迎えに来てよ、私を楽にしてよ」
大好きで、ずっと一緒にいたいと願うからこそ、今この時間の寂しさが耐えられないし苦しいんですよね。
ここで少し冷静になって考えてみると、その苦しさにまつわる原因の解決を相手に任せようとしているという現状が見えてきます。
恋愛成就や復縁を願う側にいられる、皆さんにとっては寝耳に水のような話で「冗談でしょ?ただ一緒にいたいだけだよ?」と驚いてしまいますよね。(・∀・;)
自分も皆さんのお気持ちが凄く分かります。
とにかく身を焼かれるような現状から一歩を踏み出すための、きっかけが欲しいだけなんですよね。
ただ、本当に仕方ないことなのですが、お相手の視点から見ると、「こちらに責任があって、私が何とかしないとダメなの?」となってしまうんですよね。(・∀・;)
こういった、苦しさを何とかして欲しいという気持ちが、今ここの願いが叶わない世界や、平行宇宙の願いが叶えられた世界の大切な彼(彼女)に伝わることで、願いが叶わない今ここの世界の相手はもちろん、恋愛や復縁が叶えられた世界の彼(彼女)に、「皆さんとの関係を成就させる」という決心を鈍らせる、戸惑いを与えてしまうかもしれません。
もちろん、願いが叶えられた平行宇宙は無数にあるので、「それでもいい」という彼(彼女)もいらっしゃると拝察するのですが、やはり先々のことを考えると、相手に気持ちをぶつけるだけの関係ですと、また失恋から復縁を目指すリスタートの立ち位置に戻ってくるリスクが高まるんです。(・∀・;)
またどうして、このようなことを書かせていただきましたかと申しますと、潜在意識、阿頼耶識で願望を達成することは、達成した後からが本番なんです。
願いは、潜在意識、阿頼耶識を活用するコツを覚えてしまえば、誰でも叶えることが出来るんですよね。
ただ、叶えた世界を続けることが出来るか?ということになると、こちらの方が難しいんです。(・∀・;)
叶えられた世界に移住できた瞬間というのは嬉しいものですが、慣れてしまうと、どうしても大切なことを忘れてしまうんですよね。
なので、「私が、私は」では、大切な彼(彼女)の気持ちの居場所がなくなってしまうことも意識していきたいです。m(_ _)m
話は戻りまして、復縁、恋愛、結婚の願望をお持ちの方で、深刻な問題ですと。
「恋のライバルがいる」
「大切な彼(彼女)が自分を捨てて、他の人と結ばれた」というケースがあります。
大切な彼(彼女)と、側にいる現在のパートナーとの話が聞こえてきたら、耳を塞ぎたくなりますよね。
心はズタズタになりそうです。
道ならぬ恋に悩まれている方々も、このような悩みや不安、そして寂しさ、怒りを抱えてしまわれることも多いのではないでしょうか?
人目を避けるように会うのではなく、街のカップルさんのように、堂々と腕を組んでデートを楽しんだり、好きな人との時間をのんびり過ごしたい。
大切な彼(彼女)と出会うタイミングが少しだけ遅かっただけなのに、普通の幸せを求めているだけなのに、それが許されないと考えるだけで、悲しみを感じる方もいらっしゃるかもしれません。
ここだけの話、嫉妬さえ感じることがありますよね。
しかし、そこで「どうして、私じゃなくてあんな人と一緒にいたの!」と感情的になるのを、一呼吸だけ待ってみると、潜在意識、阿頼耶識を活用する上でも、とても良い方向に進むんですよ。(・∀・)
大切な彼(彼女)が、今現在のパートナーや恋のライバルと、今この時間を一緒に過ごしていることは、認めたくないものなんですよね。
そして、恋愛、復縁、結婚の願いを叶えた後も、以前のパートナーの話を、大切な彼(彼女)から聞いてしまえば、「どうして、私と一緒似てくれなかったの!」と、嫉妬心から責めてしまうかもしれません。
こういった、責めてしまう心も、潜在意識、阿頼耶識を通して、相手に伝わってしまうんですよね。
以心伝心の参考エントリーです。

それが、潜在意識、阿頼耶識の法則によって達成された、恋や結婚であっても、皆さんの大切な彼(彼女)は、恋のライバルや、今現在のパートナーではなく、「あなた(皆さん)と一緒に、この先の人生を歩む」と、相当の決心をされて、皆さんと結ばれるので、皆さんから責められるような立場に置かれれば、皆さんの側にある居場所を失ってしまうんですよね。(・∀・;)
ですので、恋愛、復縁、結婚の願望を叶えられる方々に、「大切な彼(彼女)は、潜在意識、阿頼耶識や神仏に、心の底まで届くような言葉に説得されて、相当な覚悟と決意を持って、皆さんと結ばれる」ということを、意識していただけたらと願っております。m(_ _)m
ではどうすればいいのか?という話になるのですが、恋愛、復縁、結婚の願いを叶えて、添い遂げたい大切な彼(彼女)との幸せな生活を、瞑想などでイメージされたときに、お相手の過去の恋のことも含めて
「そかぁ、そんなことがあったんだね」と微笑んでいただけたら幸いです。
そうすると、恋のライバルや、今現在のパートナーと一緒にいる、今の彼(彼女)を、「皆さんの世界の住人として迎えることが出来る」んです。(・∀・)
誰だって、過去の恋の1つや2つはありますよね。
そして、大切な彼(彼女)の、今現在の恋もまた、皆さんが、潜在意識、阿頼耶識を活用されて願いをかなえられるのであれば、強制的に過去の恋になります。
その過去の恋をした彼(彼女)ごと、自分の世界に迎えてしまえば、恋のライバルや、今現在のパートナーではなく、他でもない皆さんを選んで「本当に良かった」と、大切な人も安心して、皆さんとの新生活に向かうことが出来るんですよね。(・∀・)
(後編へのリンクです)は、後編に続きます。