潜在意識、阿頼耶識への理解があれば、復縁、恋愛も叶えられます。

潜在意識、阿頼耶識を理解すれば、願いは叶えられると歴史の偉人も証明しています。

 

皆さんいつもありがとうございます。
寒い日が続いておりますが、風邪などはひかれていませんか?年末年始を元気に乗り切って、幸せと願望達成で満ち溢れて新年を迎えましょうね!

さて、今回は「理解」をテーマに、潜在意識、阿頼耶識を活用した、復縁、恋愛、結婚などの願望を叶えるための準備を整えて行こうといったエントリーとなります。

それでは本日もよろしくお願いいたします!(・∀・)

 

 

(1)「お正月と、潜在意識、願望達成」で連想する存在といえば、神社と巫女さんでしょうか?

皆さんはお正月に初詣や、三社参りに行かれますか?
「一年の計は元旦にあり」と言われるように、お正月に神前で「こうありたい自分」をイメージしながら感謝を捧げることで、願望達成をより確実なものにして行きたいですよね。

さて、お正月の神社と言えば、巫女さんなのですが、みなさんは巫女さんにどのようなイメージをお持ちですか?

神様から贈られる(送られる)メッセージの代弁者、翻訳者、という格式高いイメージがあれば、お守りを売ってる女の子といったイメージなど、様々ですよね。(・∀・)

その巫女さん、実は、潜在意識、阿頼耶識を活用して願いを叶える皆さんと、密接な関係があるんですよ。

どのような関係があるのか、早速ですが、ご一緒に調べてみましょう!

 

 

(2)潜在意識、阿頼耶識を活用した願望達成と、シャーマニズムの関係

日本でもお馴染みの巫女ですが、世界にも沢山の有名な巫女(シビュラ)がいます。

世界史の分野でも有名なのは、古代ギリシア文明圏の巫女で活躍した、神がかりの状態でメッセージを伝えた「デルフォイの巫女」はお馴染みですよね。
他にも、アレクサンドロス大王の活躍を予言した、ペルシャの巫女。聖書にも登場すアポロンから1000年の寿命を授かったクマエの巫女。

我が国では卑弥呼が巫女として活躍した人物として有名ですよね。他にも伊勢神宮や賀茂神社に斎王として赴かれた内親王(皇女)様などなど。

現代の巫女さんとはまた違う、様々な巫女像が浮かんできますよね。

さらに時代をさかのぼると、シャーマニズムという巫女の原点にたどり着くことができます。

シャーマニズムと言えば、トランス状態で神と意識を一体化して、様々なメッセージを伝える人というイメージがありますよね。(・∀・)
そうやってメッセージを伝えるシャーマンとしての役割を、日本では巫女が請け負ってきたんです。

どうして「神々のメッセージを伝える」巫女やシャーマンに、世界中の注目が集まり、また様々な伝説が残っているのでしょう?

それは、世界各地にシャーマニズムに関する共通する認識があるからなんですよ。(・∀・)

「神々や意識などの、霊的な世界(潜在意識、阿頼耶識の世界)が物質界に影響を与えている」

 

 

(3)巫女とシャーマンは、潜在意識、阿頼耶識で国家の願望も達成した。

古来より自然災害は八百万の神々のご沙汰だとする考えが我が国にありました。

なので、飢饉や干ばつを丸く収めて、国に五穀豊穣という現世利益を得るため、飛鳥時代に仏教が輸入されたという歴史的な事実があります。
もっと前の時代ですと、国の動乱が収まるように、巫女を王にすれば良いという神々の考えに従って、卑弥呼が女王になったという事例もあります。

これは、「神々や意識の世界(潜在意識、阿頼耶識の世界)は、この物質世界に影響を与えている」という、シャーマニズムに拠るものなんです。(・∀・)

潜在意識、阿頼耶識や、神々の言葉を願望達成に活用するための智慧がシャーマニズムや、巫女の託宣だったというわけだったんですね。

日本だけではなく世界中で、シャーマン(巫女)が、人々の願いを叶えるために、潜在意識、阿頼耶識の中の神々と交信していた。そして数々の伝説や奇跡を残したということなんです。

巫女やシャーマンの伝説は、皆さんが実践される、潜在意識、阿頼耶識を活用する先にある、復縁、恋愛、結婚、そしてお仕事や学業での成功にも、大きな関わりがありそうですよね!

 

というわけで、巫女やシャーマンと、潜在意識、阿頼耶識を活用した、復縁、恋愛、結婚、お仕事での成功の関係とは?!

第二部に続きます!
誰もがシャーマンや巫女になり、潜在意識、阿頼耶識を活用できる。もよろしくお願いいたします!