今日も、潜在意識、阿頼耶識を活用して、より良い一日を過ごしましょう!
潜在意識に、こうありたい自分を届けましょう。
潜在意識、阿頼耶識を活用して復縁されたら、今度は思いっきり愛されて、愛してましょう。その幸せに気づくための、受け止めきれない現実や、失恋、そして片思いなんです。
今回は、恋愛、復縁、結婚に限らず、全ての達成されたい方々に、今現在も、これから先も、ちゃんと最善の達成に繋がっているよ!という、潜在意識、阿頼耶識の世界を、改めてご一緒できればと考えております。
特に「私は、もう生きる元気すら湧かない」と、現状を悲観される方々にご覧いただけましたら幸いです。
本日も何卒よろしくお願いいたします!
早速なのですが、今現在、皆さんがお持ちの願望はなんですか?
恋愛、復縁、結婚などの願望をお持ちの方が多い印象を持たせていただいているのですが、収入や健康などの願望をお持ちの方も多くいらっしゃるかと拝察します。
その願望をお持ちになられた理由などを考えてみると、皆さん色んな事情をお持ちなのだと痛感したします。
復縁の願いをお持ちの方であれば、大切な彼(彼女)との辛い失恋があって、心に大きな傷を負われた方や、今も寂しさや不安と戦っていられる方々が、潜在意識、阿頼耶識の存在を知られて、瞑想などを実践されているんですよね。
収入などの願いをお持ちのケースであれば、月々の支払いに悩まれたり、生活費の工面などに、大変なご苦労をなされているのではないでしょうか?
人間関係の悩みなども、今現在、身を置かれる環境が良くないと、朝に目をさます度に、心が憂鬱になってしまいますよね。
こういった、望まない状況に身を置き続けると、これから先の人生が閉ざされたような気持ちになってしまいますよね。
「私はいつまで耐えればいいの?」
「こんな現実は受け止めたくないよ」
「辛い毎日と時間だけが過ぎていくね」
潜在意識、阿頼耶識を活用すれば、願望は叶うことは分かっていても、厳しい現実に押しつぶされそうになりますよね。
特に失恋などは、急には現実を受け止めることは出来ないことが、殆どではないでしょうか?
新しく好きな人が出来れば、諦めることも出来るかもしれませんが、心の底から愛した人との失恋ですと、何ヶ月、何年と、失恋の寂しさを、ずっと引きずることになるんですよね。
そう考えてみると「どうしてこんなことに…」と、大切な人が横にいない寂しさや、先の見えない不安、辛い気持ちばかりが湧いてきます。
人間関係の悩み、収入の願いなども形は違えど、悩みや不安、そして無力感がつきものなので、今という現実に冷たさばかりを感じてしまいますよね。
ただ、潜在意識、阿頼耶識という願望を達成する法則があることを、知っていただいたことで、少しだけでも、「まだ大丈夫かもしれない」という、安心感が湧いてくるのも、また一つの事実ではないでしょうか?
もし、潜在意識、阿頼耶識の法則という、解決策に出会えないまま、今の悩みや不安と一生向き合うだけの「これから」でしたら、ずっと心が痛いままで、どうして良いのかさえ分からないままなので。(・∀・;)
では、今の「寂しくて」「心が痛い」という現状を通して、潜在意識、阿頼耶識の化身である神仏は、どのようなメッセージを送ってくれているのでしょうか?
潜在意識、阿頼耶識は、失恋や生活面での欠乏を通して、ただただ、皆さんに「本当の幸せ」に気付いて欲しいだけなのかもしれません。(・∀・)
私たちは、失恋や、生活面での不安を通して、「これからどうしたいのか?」という自分自身の本心を知ることが出来ます。
もし、普段から「お金だけが全てじゃない」と、お金のこと軽く見る生き方をしていたとすれば、収入面での不安と直面して初めて、「本当は豊かな収入を得たいよ!」と、やっと自分自身の本心と向き合うことが出来るんですよね。
突然、健康診断などで健康面で不安があることを知れば、そこで初めて先々に不安を感じることが出来て、「健康でいたい」と、心から思えるようになるんですよね。
人間関係などの悩みや不安でも、孤独を気取っていたとしても、本音では誰もが「大人数ではなく、余計な気遣いをしなくて本当の友人が欲しい」というのが、本音ではないでしょうか?(・∀・;)
失恋、収入の不安、人間関係の悩み…
こういった現実に囲まれると、何も手に出来ないような無力感だけが襲ってきますが、実はそうではないんですよね。
寂しくて悲しい時間は、私達に自分自身の本音を見せてくてくれます。
現実が受け止められないという時間は、「これからの本当の自分」を手にされた瞬間なんです。
失恋したから「復縁」をしたい。
彼(彼女)から、もっともっと愛されたいと心から思えますよね。
ひょっとしたら、失恋前の恋人として過ごされた時間は、好きな人に「もっと私(僕)を見て欲しい」という、本音を隠されたまま、大切な人を思いっきり愛することも出来ず、愛されることにも遠慮されて来た方も多いかもしれません。
なので、潜在意識、阿頼耶識を活用して、「今度はこう向き合いたい」という本音を知ることができて、以前よりもっといい関係を築くことができるんですよね。
「あ、私は愛されたかったけど、彼(彼女)も愛されたかったのかな」と、最善の関係に気付ける瞬間を、失恋という経験で手にされただけなんですよね。
「もっと相手の都合も考えたり、話にも耳を傾ければよかった」と、振り返られる方も多いかと拝察します。
「でも、私は愛情を伝えるのが苦手だから、どこかで無理や我慢してたのかな」と、理想的な恋愛関係や結婚生活を、イメージできる切っ掛けを手にされた方も、同じように多いのではないでしょうか?
「ただただ、彼(彼女)に愛されることで、安心感に包まれて、大切な人と二人で恋愛や結婚の不安を乗り越えたかったんだ」と、本当に身を置きたい「これからの世界」と出会われた方も、沢山いらっしゃるんですよね。
というわけで、まとめなどの「後編」に続きます。(・∀・)
もよろしくお願いいたします。