潜在意識、阿頼耶識、神様と仏様の力、表現は違えど、願いを強制的に叶えてくれる御沙汰があります!
さあ、今日も潜在意識と共に願望達成を目指そう!(・∀・)
お知らせ。
ブログ更新告知用のツイッターのアカウントを作りました。
https://twitter.com/SenzaiAlaya
こちらが、潜在意識、阿頼耶識についても、つぶやくアカウントになりますので、よろしければフォローいただけましたら幸いです。
失ったから、恋愛、復縁に、潜在意識、阿頼耶識を通して幸せを感じ取れる
切ない片思い、寂しい失恋、その全ては過保護な、神仏と潜在意識、阿頼耶識からの「親心」の業(わざ)だったんです。
今回は、皆さんの願いの「本質」と言って良いのでしょうか?
「どうして叶えられるのか?」という、理由を考えつつ、「不安」や「悩み」が解消された世界の旅を、皆さんと一緒に楽しめたらと考えております。
恋愛、復縁、結婚、そして全ての願いを叶えたいけど、心に「雲」があるとお悩みの方々の、お役に立てましたら幸いです。
本日も何卒よろしくお願いします!(・∀・)
早速なのですが、潜在意識、阿頼耶識の活用は「自分だけで向き合うもの」とされていますよね。
しかし、一人だけで叶えようとすると、どうしても心細さや不安が湧いてくるもので、寂しさや「叶えられない」という意識ばかりが湧いてきませんか?
潜在意識、阿頼耶識

を活用すれば大丈夫ですよ」と見聞きされれば、その場だけでは「よし叶えられるんだ!」という気持ちになりますが、いざ一人だけで、
潜在意識、阿頼耶識
に向き合ってみると、知人が誰もいない土地に一人でたたずんでいるような気分になりますよね。(・∀・;)
今まで一人で自力でやってきたけど、「潜在意識、阿頼耶識も一人で寂しく向き合うなら「自力じゃないの?」という疑問さえ湧いてきます。
そもそも、「潜在意識、阿頼耶識が私の幸せを願っているなら、どうして失恋したり、病気になったりするの?」という呆れとも怒りとも思える感情が湧いてきますよね。
そして一つの思いが湧いてきます。
「もし、潜在意識、阿頼耶識、そして神があるのであれば、私を罰しているのではないだろうか?
心の世界は、目に見えない世界だからこそ、一度迷いや不安が湧いてくると、疑心暗鬼になってしまいますよね。(・∀・;)
でも、そうではないんですよ。(・∀・)
その答えも聖書に書かれているんです。


「本人が罪を犯したからでも、両親が罪を犯したからでもない。神の業がこの人に現れるためである」
(ヨハネによる福音書9章)


皆さんが病気になられるのも、失恋をされるのも、片思いに胸を焦がして一喜一憂してしまうのも、神様(潜在意識、阿頼耶識)のメッセージだとされているんです。
ヨハネによる福音書に書かれていることは
親や先祖が悪さをしたから子孫が、その罰を身代わりとして受けている事は無く
何か皆さんが悪いことをして、失恋するように、神様(潜在意識、阿頼耶識)から罰せられているわけでも無いということなんですよね。
どういう話かと申しますと、例えば、病気になって初めて、人は健康のありがたさが分かります。
失恋をしたから、大好きな人の大切さを改めて知ることもできます。
片思いをしているから、お相手の魅力を知ることが出来るんですよね。
潜在意識、阿頼耶識

(神様)は、どうして失恋などの悲しい世界を作られたかと言いますと、その経験を通して、
潜在意識、阿頼耶識
の慈愛や、大好きな人の大切さを知って、もっともっと幸せになって欲しいという、メッセージを伝えたくて、皆さんが持たれていた、恋人へのネガティブな思いや、疑心暗鬼を実現させたと、ヨハネによる福音書には書かれているんです。
皆さんが、恋愛、復縁、結婚を成就された世界を想像されたら、「前みたいな、疑心暗鬼な思いを持って接するのではなく、今度はもっと愛したい」と自然な形で思われますよね。
皆さんご自身も、そして大好きな人も、お二人とも、潜在意識、阿頼耶識(神様)から見れば、等しく可愛い我が子なので、その二人が恋人として過ごしたり、また片思いを実現したいと願われているので、親としては叶えて欲しいし、叶えてあげたいんですよね。(・∀・)
これは仏教の仏様のご沙汰についても、全く同じことが沢山の経典に書かれているのですが、神様(潜在意識、阿頼耶識)のご沙汰は、人知を超えていて、一見ですが「悲しいこと」に見えても、それさえも、皆さんが幸せになられるための、ご沙汰なんです。
「大切な人との関係を幸せと思えるように、一度お腹を空かせて(失恋や、片思いに胸を焦がして)、お相手の愛情を誰よりも美味しいと言えるようになろうね」
「そうすれば、潜在意識、阿頼耶識の慈愛の温かさや、強制的な達成力も知ることが出来ますよ」
なので、恋愛、復縁、結婚、そして社会的な成功や、いい友人との人間関係を築くための、「空腹期間」が、失恋したり、片思いをしたり、仕事が上手く行かないと感じてしまう、今の世界なんですよね。
神様の親心と書かせていただいたのですが、一般的な親でしたら、イタズラをした我が子を少し厳しく諭しても、我が子がお腹を空かせたら「晩ご飯だよ」と、ご飯を部屋に持ってきてくれますよね。
まして、慈愛に満ち溢れた神様(潜在意識、阿頼耶識、仏様)であれば、失恋や悲しい出来事を我が子に見せた後は、涙を流しながら「世界中の財宝を贈りたい!」という気持ちでいられるんですよね。
もう、皆さんお気付きかもしれませんが、片思いなどの恋愛、失恋からの復縁、そして結婚、皆さんの社会的な成功や、良い人間関係の輪を作りたいという願いは、皆さんご自身の願いでもありますが…
神様(潜在意識、阿頼耶識)が叶えたがっている!ということなんです。(・∀・)
なので、自分一人で孤独に、潜在意識、阿頼耶識と向き合って願望を達成しなければならない。
このような世界ではなく、神様、仏様、そして、潜在意識、阿頼耶識が、皆さんと一緒に、そして皆さんより勇み足で叶えたいと切望しているのが、皆さんが現在、お持ちの願望なんですよ。(・∀・)
なので、一人で細々と向き合うのが、「願望」と「潜在意識、阿頼耶識
ではなく、神様の願いが皆さんの願望であると、そんな視点で今お持ちの願望を、もう一度振り返っていただけたらなと願っております。
いつも、誰にも言えない恋の繰り返しで悩んでいる皆さん。
どうしても、好きな人と仲良くなっても、いつも「友達」で終わってしまう皆さん。
「一番大切な願いだけが、どうしても叶わない」と嘆かれている皆さん。
その願いこそ、神様や潜在意識、阿頼耶識が叶えたい!と切望している願いなので、瞑想や書く方法で、願いが叶えられた結果だけを先取りイメージ(観測、思い出す)を、されて神仏に全ての過程と、願望を達成されてくださいね!
本日書かせていただきました、潜在意識、阿頼耶識活用法の「まとめ」です。
・神様、仏様、潜在意識、阿頼耶識は、皆さんを罰することはありません。
もっと幸せになって欲しくて、願望が願望になる世界を創っています。
・皆さんがお持ちの、恋愛、復縁、結婚、そして社会的な成功などの願いは、皆さんご自身が切望する願望でありますが、実は一番「叶えたい!と願われているのは、神様や仏様(潜在意識、阿頼耶識)なんです。
・お腹が減るから食事が美味しいのと同じで、大切な人との幸せを心で喜ぶために、切ない片思いや、寂しくなる失恋があるんですよね。
切ない片思いや、寂しい失恋からの復縁を叶えてしまえば、失恋しなかった世界の皆さんより、もっともっと大好きな人の大切さに、喜びと愛情を感じ取ることが出来るようになります。
それよ、ヨハネは聖書の中で、「神様の業(わざ)」と語っています。
・皆さん自己責任として一人で孤独に叶えるのが、願望ではなく、神様(潜在意識、阿頼耶識)が「一番に叶えたい!」とされているのが、皆さんの願望。
神様が叶えたい願いなので、70億人の人たちと叶えるより、数億倍、数兆倍も、達成力が大きいんですよね。
なので、皆さんの願いは、強制的に叶うんです!
皆さんの願いは、皆さんだけの願いではなく、神様が叶えたいと切望されている願いだということを、忘れずにいてくだされば嬉しいです!
すると、どんな悲しくて厳しい現実が目の前にあったとしても、その全てが神様の「優しい親心」だと汲み取ることが出来るようになり、全てが好転して、願望達成や絶対幸福に導かれますよ!
神様は皆さんに対して「どこまでも過保護(親ばか)」です!
今回のエントリーはいかがでしたか?関連エントリーもご覧いただけましたら幸いです。
・(ブログ内のリンクです)
というわけで、また近日中に!(・∀・)ノ