潜在意識、阿頼耶識、神様と仏様の力、姿と形は違えど、皆さんの願望を強制的に叶えてくれる力があったんです!
さあ、今日も潜在意識と共に願望達成を目指しますぞ!(・∀・)
ガリラヤ湖の荒波からも救うのが、潜在意識、阿頼耶識!
真っ暗で先が見えない、荒れ狂うガリラヤ湖のような人生と願望も、ちゃんと救って叶えてくれるのが、潜在意識、阿頼耶識なんですよ。
今回は、新約聖書を紐解くことで体感できる、潜在意識、阿頼耶識で達成された世界を、皆さんと覗いてみようというエントリーです!
もちろん、エゴや煩悩について、聖書ではどのように触れられているのかを、皆さんと一緒にシェアしあって、「自信が持てない私でも大丈夫なんだ」と、笑顔でスッキリ出来たらと考えております!
本日も何卒よろしくお願いいたします!m(_ _)m
早速なのですが、久しぶりのいつもの質問を書かせていただければ幸いです。
「皆さんが、潜在意識、阿頼耶識で達成されたい願望は、どのような願望でしょうか?」
恋愛、復縁、結婚の願望をお持ちの方が多いのかなと拝察します。
そして、学校や職場での人間関係で、お悩みの方も多いかもしれません。
金銭的な問題を抱えられて、「どうしよう」と途方に暮れて考え込まれている方も、もちろんいらっしゃると拝察します。
恋愛系の願望で悩まれている方もですが、人間関係やお金のことで悩まれている方であれば、誰にも相談できず、一人で問題を抱え込まれて、「生きていても」という考えを思い浮かべる方も、少なからずいらっしゃるのではないでしょうか?
自力の世界では、そういう恐れや悩みを解決することを「エゴ」と断罪しますが、神仏や、潜在意識、阿頼耶識は、決して皆さんを裁かずに救ってくれます。なので大丈夫ですよ!とにかく生きていきましょう!
早速なのですが、新約聖書の中に、私達と「願望、エゴ、煩悩、そして救い」の関係について書かれた、とても興味深い一節があります。
それは、マタイによる福音書14章にある、このようなエピソードになります。


その日も多くの人々に神の栄光(願望達成と幸せ)について説かれた、イエスと弟子(使徒)の一行はガリラヤ湖のほとりで休息を取ります。
すると、イエスは弟子に「私は対岸で待っているので、あなた達は船で来なさい」と伝えて、祈りのためにその場を後にして山に向かわれます。
「先生(イエス)は、どうして私達から離れられたんだ?」と戸惑う弟子もいれば、「いや、先生の言葉を信じて船で対岸を渡ろう」と、弟子たちの間で議論になります。
そして「よし、先生を信じて船で対岸に渡るぞ!」と、一行が決心してガリラヤ湖を進みますが、逆風が吹き、高波にも襲われ、一行は大混乱です。
当時の船はもちろん、現在の船のように頑丈なわけでもないので、イエスから離れてガリラヤ湖を渡ろうとした、一行が、それだけ心細くて、強風や高波に恐怖したかは、想像するだけで伝わってきますよね。
後にカトリックの初代教皇(法王)になる、使徒ペトロは船に関する知識があったので、他の弟子より冷静さを保っていたとしても、さすがに弟子一行が乗った船を、真っ暗な深夜に、自分一人の力でとは出来るはずもなく、一行は絶望的な状態に置かれることになります。
「もうダメだ!」「先生(イエス)は、どうしてこのような無理難題を!」と船の上で騒ぐ一行。
すると、一行は水面を歩く人影を発見します。
「幽霊が出たぞ!」
「こんな時に、先生(イエス)がいてくだされば…」
一行は、ますます混乱してしまいます。
そして、一行はその人影を見て気づきます。水面を歩いていたのは、一行が「先生がいてくだされば」と願った、他でもないイエスご本人だったんですね。(・∀・)
そして、イエスはペテロに語りかけます。
「大丈夫だから、水面を歩いてこちらまで来なさい」
ペテロが、恐る恐る水面を歩いてみると、なんと歩けるではないですか!?
しかし、自分が水面を歩くという奇跡を受け入れられずに、数歩歩いただけで、イエスの言葉を疑って恐怖心に駆られてしまいます。
すると、今まで台地の上だった水面にペテロの身体が沈んでしまいます。
荒れ狂うガリラヤ湖で溺れて苦しむ、ペテロの手を取り救われたイエスは、「疑うからですよ」と冗談っぽくペテロに言い聞かされます。


どこまでも優しい人であった、イエスのお人柄が伝わってくるエピソードですよね。(・∀・)
この、マタイによる福音書のエピソードには、私達が、潜在意識、阿頼耶識を活用して願望を達成すること、そして悩みや不安を解決するための、そしてエゴや煩悩、そして信じることの恐怖に悩む方々に向けて、とても力強いメッセージを探し出すことが出来るんですよ。(・∀・)
まず、深夜という暗い時間に心細く、逆風が吹き、高波が発生している、「ガリラヤ湖」は、皆さんの人生そのものであって、船は人生を進む皆さんご自身ということなんです。(・∀・;)
「恋愛、復縁、結婚や、たくさんの願望を叶えたい」「人間関係の悩みを解決したいけど、明日からどうしよう」
人生の一歩先は暗すぎて見えないから、我々はガリラヤ湖の上で弟子一行が抱いた、不安を同じように感じているんですよね。
まさにガリラヤ湖のエピソードは、人生そのものです。(・∀・;)
そして、荒れ狂うガリラヤ湖で、「もうダメだ」と弟子一行が絶望してしまうのは、私達が、潜在意識、阿頼耶識の活用に限らず、人生に絶望している姿そのものなんですよね。
しかし、イエスは「ちゃんと見守られていた」ので、常識では不可能と思える水面を歩くという業により、一行の側まで駆けつけられます。
この「見守っている」と「歩いて駆けつける」は、神仏や、潜在意識、阿頼耶識が、いつも皆さんの側にいるということを指し示しているんですよ。(・∀・)
そして、イエスの言葉に導かれるまま、水面を歩きはしても、恐怖心に襲われて、ガリラヤ湖に沈んだペテロは、「エゴ」により、潜在意識、阿頼耶識の法則や、神仏の慈愛を信じきれない、私達の姿なんです。
しかし、ここからが重要なのですが、ペテロ(私達)が、イエスの言葉ではなく、エゴ(恐怖心や疑念)を「事実」として、溺れてしまったとしても、しっかりペテロの手を取られて、荒れ狂うガリラヤ湖(問題ばかりの人生)から救われているんです。
イエス(潜在意識、阿頼耶識)は、弟子や皆さんや私の中に「エゴがあるから」と言って、ジャッジしたり見捨てたりせずに、ただただ優しい眼差しを向けて「この手を取りなさい」と、温かい手を差し出して、私達を悩みばかりの、人生のガリラヤ湖から救ってくださるんです。(・∀・)
この考えは、仏教では、阿弥陀如来や、他の仏様が「煩悩があろうと、罪を持っていようと、皆さんを苦しみから救い、私(仏)の力で願望を達成しますよ」と、誓願されているのと、全く同じなんですよね。
神仏や、潜在意識、阿頼耶識は、「あの人はこうだから」と絶対に区別も差別もされませんし、むしろエゴや煩悩、そしてデモデモダッテを繰り返して、人生の湖におぼれている人をこそ、ガリラヤ湖でペテロを救われた、イエスのように手を差し伸べてくださるんですよ。(・∀・)
恋愛、復縁、結婚の願望をお持ちの方であれば、「あの人(皆さんの大切な人)は、今どこで何をしているのだろうか?」と、大切な人の姿を思い浮かべる度に、心が締め付けられて辛さばかり感じてしまわれますよね。(・∀・;)
人間関係や、金銭のことでお悩みの方であれば、「また明日からの一週間、どうやって生きていこう」と、ため息を疲れているのではないでしょうか?
でも、イエス、神仏、潜在意識、阿頼耶識は、ガリラヤ湖で弟子を見守られていた、イエスのように、皆さんのことを、ちゃんと見守られて、「あなたを救うからね」と寄り添われているので、その気持を、ただただ受け取り続けてくださいね。(・∀・)
ちなみに、「福音書とはイエスの言葉を残されたもの」で、聖書で最も重要視されているんですよ。(・∀・)
というわけで、今日はここまでなのですが、また次回も、今回の続きを書けたらと考えております。
本日の、人生のようなガリラヤ湖から救ってくれる、イエスの温かい御心と、潜在意識、阿頼耶識活用法の「まとめ」です。
・人生を生きていれば、色んなことがありますよね。今このときも深夜の荒れ狂うガリラヤ湖を、一人船で進んでいるような心境の方も多いかと拝察します。
しかし、イエスや、潜在意識、阿頼耶識は、そんな皆さんにこそ、エゴに信じたペテロを救われたときのように、「救いたい」と、温かい手を差し伸べられていますよ。
・恋愛、復縁、結婚の願望、そして人間関係や生活上の悩みを抱えてしまうと、一週間のスタートが憂鬱になってしまいますよね。
特に「もう叶わない」「もう逃げ場がない」とお悩みの方であれば、心的な疲労は深刻なのではないかと拝察します。
まずは「ただただ、神仏や潜在意識、阿頼耶識の慈愛が、皆さんを守り抜いた」ことを、先取りで何度もイメージして、その慈愛を受け取り続けながら、睡眠に入られてくださいね。
もちろん、起床後もずっと守られ続けていることを、受け取っていただければ幸いです。
大丈夫ですよ!少しでも他力に任せれば、執着心、エゴや煩悩が多くても、人生は本当に何とかなります!
潜在意識、阿頼耶識は、迷いやエゴに迷われる皆さんの願いを叶えることで、周りの人も幸せと願っています。ペテロの手を真っ先に取ったイエス、そして阿弥陀如来の悪人正機説が、そう伝えてくれています。
迷いもなく、エゴや執着心もない生き方は、人間に生まれた以上は無理なので、「エゴがあるから救ってくれるんだ」と、良い方向に感謝してみましょうね!
そうすると、本来の意味での「他力本願」に生きることが出来て、潜在意識、阿頼耶識も願望が達成された世界にから、皆さんの手を取って引き上げてくれますよ。
ブログのURLが変わっております。もしリンクいただいるサイト様のリンク先を変更していただけたら、とても嬉しいです。m(_ _)m
新URLです。 http://vacuumfella.blog.fc2.com/
また近日中にです!(・∀・)ノ