潜在意識、阿頼耶識で新世界に向かって、願望を達成しましょう!

の後編となります。
引き続きよろしくお願い致します!(・∀・)
潜在意識、阿頼耶識との新生活は自由設計
潜在意識、阿頼耶識と暮らす新しい部屋には、大切な彼(彼女)が待っています。お二人の家具を新調しましょう!

(1)潜在意識、阿頼耶識に守られる安心感は万能です!

前半は、ユダヤの方々の聖典であるトーラーに込められた「レハレハ(今ある土地を捨てて、新しい土地に行きなさい)」という成功のエッセンスと、ただ、成功を手にするだけではなく、神(潜在意識、阿頼耶識)からレハレハという言葉を受け取った、アブラハムは、絶対的な権力者であったエジプト王から、愛する美しい妻のサラを、潜在意識、阿頼耶識に守り抜いてもらったという話を紹介させていただきました。
恋のライバルが、恋愛の達人だったとしても、どれだけ偉い人だったとしても、皆さんが今からでも、潜在意識、阿頼耶識に全てを委ねられて、今ある土地を捨てて(願望が叶わない今ここの世界)から離れて、レハレハで示された新しい土地(願いが叶えられた並行宇宙)に、瞑想で移動されることで、恋愛、復縁、結婚の願望であれば、誰も何も、皆さんと大切な彼(彼女)の幸せな願望達成を妨げることは出来なくなりますので、安心して願望と向き合われてくださいね!(・∀・)

(2)潜在意識、阿頼耶識とレハレハは、ビジネスの最前線でも活用されています。

さて、ユダヤの方々と言いますと、とにかくビジネスで活躍されているという印象があります。
このビジネスでも、民族の精神である「レハレハ」が活きているんです。
不動産投資の世界ですと、我々日本人ですと、テナントや入居者で埋まったマンションやビルを購入して、どれだけ利回りがあって投資を回収できるかを考慮して、物件を購入するのですが、ユダヤの方々はマンションやビルを入居者やテナントで埋まった時点で、さっさとビルやマンションを売りに出すそうです。
まさにトーラーに記載されている民族の精神「レハレハ」の智慧を徹底されて、富と成功を築かれるビジネスを徹底されているんだなと気付けるエピソードですよね。(・∀・)
同じくユダヤの方々の聖典である、モーセの律法が記されたタルムードにも「何かを失わなければ、何も得られない(ノーペイン・ノーゲイン)」という一文が書かれています。
これも、レハレハと同じく、「願いが叶わない今ここの世界」を離れて進まなければ、願望が達成された世界は得られないという智慧を伝えているです。
叶わない理由ばかり考えて、その世界に囚われてしまう今までの自分を捨てて失ってみる。
他力(潜在意識、阿頼耶識)だけと向き合い、自力での解決を失ってみる。
このような、前向きに「失う」選択をすることは、潜在意識、阿頼耶識を活用した願望達成にとても有効なんですよね。

(3)レハレハの精神と、潜在意識、阿頼耶識の法則は、人間関係にも通じます

人間関係ですと、理由は分からないけど、この人といると心が落ち着かないし、何故か不安になるという人が周りに一人か二人はいますよね。
誰かにこういった漠然とした不安を感じてしまうのは、その人と一緒にいても、近い将来に足を引っ張られたり、嫌な目に遭わされてしまうからなんです。
「いい大人だから我慢して付き合うべき」という常識を守るために無理して付き合いを続けると、後で酷い目に遭うのが、潜在意識、阿頼耶識を通して見えてくるので、そういった相手に漠然とした不安や、嫌な印象を持ってしまうんです。(・∀・;)
なので、違和感を感じる相手とは距離を取るか、さっさと離れた方がいい(失った方がいい)という話が仏教にもあるんですよね。(・∀・;)
よく、人間関係が変えると、運気が良い方に向かったとか、運気が良くなったら人間関係が変わっていったという話を耳にしますが、いい意味で失うことが、成功や、潜在意識、阿頼耶識を活用する願望達成と密接な関係があることが見えてきます。
このように、より良く生きるための智慧が「レハレハ」には詰め込まれているんですよ。(・∀・)

(4)レハレハの精神は、潜在意識、阿頼耶識を活用して叶える、恋愛、復縁、結婚などの願望にも有効です!

恋愛、復縁、結婚や様々な願望を、潜在意識、阿頼耶識を活用して達成される場合ですと、願いに今ここの世界に留まり続けることが、本当に願望達成や利益に繋がるのか?と、常に自問する必要があるのかもしれません。
最近、素晴らしい言葉を発信されている方々のメッセージを拝見することが多いのですが、運が悪いときと思えるときや、嫌な感情を持ったときほど「ありがとう」の精神を忘れないうようにされているそうです。
素晴らしいですよね!
偶然にも迷い込んでしまった願望が叶わない原因だけが溢れる、今ここの世界で「ありがとう」を言えたら、言葉で先取りした「ありがとう」の世界に強制的に移動してしまうので、願いが叶えられない世界を捨てることが出来るんです。(・∀・)
「ありがとう」
ひらがなで書くとたった5文字の感謝の言葉ですが、この言葉を何度も繰り返せば、繰り返した数だけ、本当に「ありがとう」といえる世界に移動することが出来んです。
「レハレハ」を体感できる、最高の言葉が「ありがとう」なのかもしれません。
恋愛、復縁、結婚など、潜在意識、阿頼耶識で願望を達成したい場合は、どうしても、今この世界に未練は残りますし、今この世界で結果が出せないと、納得が出来ず、次の世界に勧めないという気持ちになることも多いんですよね。
しかし、何の利益もない、今ある願いが叶わない居心地の悪い土地に我慢して居続けるより、願いが叶えられた新しい世界に想像と創造の翼を羽ばたかせる方が、確実に、潜在意識、阿頼耶識も願望を叶えてくれますので、「レハレハ」を楽しんで、世界を断捨離したいですよね!(・∀・)

レハレハで願いを叶える!潜在意識、阿頼耶識活用法の「まとめ」です!

・世界中で成功を掴まれ続けるユダヤの方々が大切にされる聖典、トーラーには「レハレハ」という智慧が書き記されています。
「今ある土地を捨てて、新しい土地に行きなさい」という意味です。
・今ある土地は、願いが叶わない今ここの世界のことで、新しい土地は、他でもない「願望が達成された世界」のことを指します。
ユダヤの方々は、潜在意識、阿頼耶識を活用して、並行宇宙(パラレルワールド)を自由に行き来して、願望を達成されることを、幼い頃から学ばれるので、あらゆる方面で活躍されるんですよね!(・∀・)
・恋愛、復縁、結婚の願いをお持ちの方ですと、潜在意識、阿頼耶識が導く「レハレハ」の言葉に委ねて、願望が達成された世界を先取りされることで、神(潜在意識)が、恋のライバルや、あやゆる不安や問題の存在から、あなた(皆さん)と、大切な彼(彼女)の関係を守り抜いてくれます。
これは、アブラハムと彼の美しい妻のサラを、エジプト王から守り抜いてくれた、神の御業にも見ることが出来る、恋愛系の願望達成例です。
・ユダヤの方々の聖典、タルムードにも「何かを失わなければ、何も得られない(ノーペイン・ノーゲイン)」と書かれています。
これは、願望達成をするために、大切な何かを失わなかればならないという意味ではなく、レハレハと同じく、今の叶わない立ち位置を捨てることで、願望が叶えられた世界に向かうことが出来るという、潜在意識、阿頼耶識の法則の活用法を書き留めたものです。
・望まない境遇にあるときこそ「ありがとう」を繰り返してみましょう。
ありがとうを先取りすことで、強制的に望まない境遇を捨てることが出来ます。
すると、恋愛、復縁、結婚、そして社会的な成功を得て「ありがとう」と言っている世界に、移動することが出来てしまいます。
「ありがとう」という言葉は、発した数だけ、幸せな世界に私達を近づけてくれまますよ!
というわけで、本日の本編はここまでです。
第三部の、(ブログ内のリンクです)も何卒よろしくお願いいたします!