皆さん、潜在意識、阿頼耶識(他力)を活用なされていますか?
今日も願望が達成された世界を、瞑想で受け取り続けましょう!
釈尊との友情も、潜在意識、阿頼耶識から取り出して
大切な彼(彼女)とのご結婚も、仏陀との対話も、これまで何度も何度も、皆さんが経験されことで記憶にあるんです。
本日は、般若経と法華経に共通する言葉を、皆さんと紐解いて、願望が達成されることを、遠い過去に約束されていたことを、思い出せたらと考えております。
思い出すと言えば、オーストラリア大陸の先住民族である、アボリジニの方々が今も大切にされる世界観、ドリームタイムについて、度々書かせていただいたのですが、驚くべきことに、アボリジニの方々がドリームタイムから引き出される記憶は、最近の研究と調査で分かってきた、地質学的事実を全て全て言い当てているというニュースが世界中を驚かせたんです。
しかも、一万年以上前の隕石衝突や、動物の絶滅など過去の出来事だけではなく、1980年代に起き始めた海面上昇もアボリジニの方々は、「遠い過去からの記憶として知っていた」ことが分かり、研究者に更なる驚きを与えたんです。
関連エントリー

アボリジニの方々の知恵と伝統も凄いですよね!
ドリームタイムは、全ての記憶の貯蔵庫であるとされているのですが、私たちに身近な仏教にも、全く同じ概念が存在します。
それが、当ブログのテーマとして取り扱わせていただいている、阿頼耶識(潜在意識)なんです。(・∀・)
仏教の経典である、般若経と法華経は、前者は呪術的なエッセンスが詰め込まれた、願望達成法の知恵の結晶であり、後者の法華経は、今も広く現世利益を得られる経典として知られているのですが、法華経の伝統を今に伝えられる、日蓮宗が商家の方々から現在も広く信仰を集めている事実が、法華経に込められたご利益である、現世利益の確かな実績を物語っているのだと、確信できるんですよね。(・∀・)
さて、その現世利益と願望達成力が詰め込まれた、般若経と法華経には、言葉は若干違いますが、全く同じ意味の言葉が記されています。
「仏の他力(潜在意識、阿頼耶識)について書かれた作品を読んで、少しでも心に喜びや、安心感を感じることがあるのであれば、それが過去に仏陀と出会った証拠である」
どういうことかと申しますと、本日紹介させていただく、仏教の2つの仏典では、潜在意識、阿頼耶識

の他力について、遠い過去に、実は皆さんは仏様から知恵を授けられていて、だから、願いを叶えるための、
潜在意識、阿頼耶識
の活用法を知って、「瞑想法を実践して、恋愛、復縁、結婚などの願望を達成しよう」と、ワクワクした気持ちや、「これでもう大丈夫だ」という安心感に包まれると書かれているんです。
「どうして瞑想?」という疑問もあるかと思うのですが、国内で解釈された法華経ではなく、原典の法華経を研究されている仏教学者さんの解説を拝読すると「方便品」という、「お念仏やお題目、そして瞑想などの仏様から授かった方便」が、最も重要だと学術的に定義されているんです。(・∀・)
なので、興味があるなと思われたら、よろしければ実践されてみてくださいね。
さて、前世と言われる遠い過去に、みなさんは釈尊とどのようなお話をなされたのでしょうか?
そして今、その時の記憶が、潜在意識、阿頼耶識を活用した、恋愛、復縁、結婚などの願望達成に、どのような影響を持っているのでしょうか?
今回は、法華経にございます、法華七喩の中から「薬草喩品(やくそうゆほん)」という話を、皆さんに思い出していただいて、潜在意識、阿頼耶識を活用した、恋愛、復縁、結婚などの願望達成に糧にしていただければと考えております。


『薬草喩品』
この世界には、様々な草木があります。
大中小とさまざまな草、大きな木、小さな木と覆い茂っています。
どのような場所にも等しく雨が降り注ぎ、その草木は潤います。
そして、それぞれの資質に応じて、その草木も成長します。
皆さんがどこにいたとしても、そして願いを叶えて幸せになりたいという気持ちにも、仏(潜在意識、阿頼耶識)の慈愛の雨が降り注いでいます。
その雨が、皆さんの願いを潤し、それぞれの人を「一仏乗(いちぶつじょう)」と言われる、仏そのものに皆さんを至らしめ、全てを実現させてしまいます。


釈尊の言葉は例え話が多いのですが、どうして大きな木、小さな木という言葉を使われたのかと申しますと、小さな木と大きな木、そして種々は多種多様に存在して、その成長の過程も全く違うということを、仰られているんです。
薬草喩品の話をご覧になられて
「へー!驚いた!他の人と比較する必要もないし、願いは叶うんだ!」と感じられた方も多いかと拝察します。
この「願いは叶うんだ!」と少しでも感じることがあるのでしたら、皆さんは遠い過去、仏陀と共に、潜在意識、阿頼耶識の活用法や、願望は達成された形で贈られ続けている話を、語り合われて願望も達成され続けていたということになるんです。
なので、法華経と般若経の視点で、皆さんが、潜在意識、阿頼耶識の法則を知られたときに「これで大丈夫」という喜びは、新鮮なものに感じられるかもしれませんが、実はそうではないんです。
「え?どういうことさ?」という疑問を残しつつ、本日も後編に続きます!
もよろしくお願いいたします!