お久しぶりです。(・∀・)
今日は、「夫婦間の溝を埋める」といった、願望を達成された話しを
身近な願望に重ね合わせて、復縁等を難しく考える必要はないと言うことを再確認できればと思っております。(・∀・)
マーフィー関係の文庫本を読んでいると、
「夫婦間の溝や亀裂を修復する」
といった話しが一冊に一回の割合で出てきます。(・∀・)
関係に溝や亀裂が出来た原因も様々で
・アルコール中毒
・失業
・夫、もしくは妻の不貞
・その他
果ては夫婦間の不仲が原因で、体に疾患を抱えてしまうケースまであります。
上に原因は様々と書かせて頂いたのですが、マーフィーが相談者に与える解決の祈りは実にシンプルというかパターン化されています。
大体、「夫婦間に調和と愛と愛が溢れ」みたいな感じです。
それと併せて、マーフィーは、不仲になるような原因を作ってしまった相談者に対しては、自分自身を断罪し続ける事を禁じ、自分を許し愛するように諭しています。
これについては、シェークスピアが「過失の弁解をすると、その過失を目立たせる」といった有名な言葉を残しているのですが
潜在意識の法則にも、そのまま当てはまる言葉ですよね。
自他関係なく、過失にばかり目を向けて、「自分が、どうありたいのか?」という事を忘れてしまうと
目を向けている方向に向けて、どんどん自分自身を進めてしまいます。
これって、とても勿体無いと言うか、損していますよね。(・∀・;)
話しを戻します。
マーフィーは、相談を受ける度に「夫婦」という間柄を、何度も修復するアドバイスを与えているのですが
さて、夫婦というのは、一体何なのでしょうか?
神に誓い祝福された関係だと言う人もいれば
紙切れ一枚で繋がっている関係だとも言う人もいます。
海外だと、子供もいて夫婦なのだけど籍は入れない事実婚みたいな関係も沢山あったりすれば
一夫多妻制が認められている国もあります、本当に夫婦というものは多種多様で
一概に「こういった物だ!」と言えないんですよね。(・∀・;)
そんな事を頭に浮かべていると、既婚と未婚の境界線が曖昧に感じられて
夫婦間であっても、籍を入れていなかった恋人同士でも
復縁を目指すにあたっては、差なんて無いんだと気付かされるんですよね。(・∀・;)
マーフィーが、夫婦という関係を修復しようとする人に、復縁のアドバイスを与えていたのは事実で
これは特定の相手との復縁、関係修復を実践させていたという事になるんですよね。
今更な感じもしますが、「潜在意識を使って特定の人と復縁は出来るんだ」という事になります。
上のような事を書くと、腐れ儒者的な臭いがしてくるので、少し書き足すと
マーフィーは、「出来る」「出来ない」とか「やっていい」「だめ」とかいう、願望の分別を望んでいた訳じゃないと、自分は思っています。
未婚の相談者に、ただ純粋に今以上、幸せになって欲しいと願った結果
「恋は盲目状態を作ってしまうから、復縁に拘らず、他の可能性も見てごらん。それだけの魅力が貴方にはありますよ。」
と、優しく語り掛けていたんじゃないかな?と。
実際、自分達も未婚の人からの恋愛の相談を受けたりすると、恋人が起こした、些細な問題行動を聞くだけで、「おいおい、大丈夫?一緒にならない方が良いんじゃない?」とか「もっと他にいい人がいるよ」御節介を焼いてしまうんですが
この人達が結婚してしまうと、配偶者が同じような問題を起こしても、何故か「もう少し長い目で見て上手くやりなよ」とは言っても、「別れなよ」なんて、まず言わないというか、言えないですよね。
特定の相手に対しての、潜在意識を使った、恋愛成就や、復縁に対しても、同じような視点からの人情みたいな物が働いた結果
「夫婦の復縁はOK」「恋人同士なら、もっと他に良い人を・・・」みたいになってるんじゃないかな?と、自分は考えております。
でも、「好いた惚れた」の上に存在している場合の男女の関係というのは、周囲が何と言おうと、本人が納得しないと、どうにもならない物なんですよね。
それに、人間なくて七癖、聖人みたいなパートナーを探し続けるより、
欠点も含めて好きな人を一途に大切に思っている人の方が、人として素晴らしいと思います。(・∀・)
という訳で
マーフィーの文庫本等をお持ちの方は、是非、夫婦間の関係修復の方法を参考にして頂ければと思うしだいです。
「復縁したら、結婚して夫婦になろう!」という人も多いと思いますので、マーフィーがアドバイスする、
調和と笑顔に包まれた円満な結婚生活を先取りする方法も、取り入れて頂ければと思う次第です。
最後まで読んで下さって、本当にありがとうです。
また、そのうち更新します。(・∀・)
コメントを、時間の都合で返せませんが、全部、読んでおります、
ご質問が多いのですが、多くの方は「望んでいる事を、今現在達成しているイメージを楽しみ、嬉しかったり幸せな感情に浸る事」で解決しそうな感じがします。
「既に望んだ結果は手にしている」という気分でいれば、状況は改善されて行きますよ!
最後までご覧いただきありがとうございました。(・∀・)