おはようございます。(・∀・)
今日は、よりよい瞑想をする為の心構えみたいな物をご一緒に考えさせて頂ければと思っております。
今回の題材である「同期する」を直訳すると、シンクロナイズ (synchronize)略してシンクロと言いますが
思いっきり単純に説明すると、例えば一つのコンピューターにデータを保存、更新すると他で保存されているデータにも、更新が自動的に反映されす時等に用いられます。
馴染み深い物ですと
iPod等をドックを通してiTunesに繋げると、その度に指定したアプリや同期してバックアップを取ったり同期しますよね。(・∀・*)
その他、スケジュール等も同期することで共有できたり、なかなか便利な世の中になって来ています。
これと、潜在意識の法則を活用した願望達成法と、とても似ていると感じている方も多いかもしれません。
自分達、一人ひとりの顕在的な思考が、潜在意識という大きなサーバーに繋がっているクライアントの役割を果たす端末だと例えると、
イメージを端末を通してサーバー(潜在意識)に同期することで、全てに繋がっている潜在意識が更新され、ありとあらゆる存在に備わる端末の内容も自動的に更新してくれる。
そして視界の及ぶ範囲、及ばない範囲を含め、世界中の存在が更新された端末の内容に従い、強制的に「そうせざるを得なくなる」状況になるのではないかと思っております。
この、潜在意識と同期する一連の流れを
「潜在意識に刻み込まれた思考は強制的に実現される。」というマーフィーの著書に繰り返し記される言葉や
「持つと信じよ、しからば持てるなり。」という有名なラテンの格言と
重ね合わせて意味を噛み締めてみると、どういった心構えで瞑想を行えば良いのか分かってきます。
思考は物質、思考が世界を動かすといった言葉がありますが
丁寧に腹式呼吸を行い、潜在意識にアクセスし易い状態を作り
望んでいる結果のイメージを楽しみ感触を味わう事で、イメージを潜在意識に刻めば
世界中の現象が更新されるように同期されるんですよね。(・∀・)
人によっては言葉そのままシンクロと言われるものを経験され驚かれるかもしれません。
そして、イメージに合わせた結果が強制的に手に出来るんですよね。(・∀・)
潜在意識に向かいイメージを刻む→心の底にある潜在意識にイメージが刻まれる→潜在意識を通じ世界中の存在にイメージが同期される→望んだ結果に向かい世界が動く
こういった感じでイメージが世界中に浸透しているんだと思うと、イメージする事は、とても重要な事であると再認識できますよね。(・∀・*)
並行世界論でも、瞬間、瞬間に人生の分岐点がやってくるわけですが
やはり、その瞬間を建設的に考えた方が、より早い願望達成を迎えられるのは当然の事なので
願望達成同期論と同じで、瞬間、瞬間を重要な時だと思って貰えればと思う次第でございます。
等、色んな事を書いてきましたが、ピンと来ない方は同期論を採用されてみるといいかもしれません。
ここで、少しだけ普段の言動や思考を思い出してみてください。
皆さんは何を思い、何を言葉にしていますか?
その普段の何気ない癖の様な、思いと言葉は、しっかり潜在意識を通じ世界中に同期されていますよ。(・∀・;)
同期するなら、良いイメージを!(・∀・*)
天は自ら助くる者を助く。
地獄への道は善意で舗装されている。

です。(・∀・)