潜在意識、阿頼耶識、神様と仏様の力、姿は違えど、皆さんの願望を強制的に叶えてくれる力があります!
さあ、今日も潜在意識と共に願望達成を目指しますぞ!(・∀・)
潜在意識、阿頼耶識のドアに吸われてみましょう
潜在意識、阿頼耶識を活用する「パラレル瞑想」を実践して、叶えられた世界に吸い込まれ続けて、そして受け取り続けましょう。
「私の願望は必ず叶えられてしまうんだ」と、今の叶えられない世界を諦めるしかありません。(・∀・)
今回は、前回の書かせていただいた「潜在意識、阿頼耶識から受け取り続ける」エントリーの続きとなります。
どうして「受け取り続ける」ことになるのか?
なぜ神仏の慈愛である「他力」に委ねるのか?
潜在意識、阿頼耶識を活用する願望達成と、行動の関係など。
こういった話にも、今回の瞑想法とあわせて、大まかに触れていければと考えております。
特に「デモデモダッテ」と、次から次に疑問が湧いてこられる方にオススメの方法です!
本日も何卒よろしくお願いいたします!(・∀・)
さて、早速なのですが、今回のテーマである『パラレル瞑想』とは、どんな瞑想なんだ?と疑問が湧いてきますよね。
まず、今回の瞑想法は、潜在意識、阿頼耶識から「与え続けられる(=受け取り続ける)」ことと、『どこでもドア』の概念が登場いたします。
少し前にですが、並行宇宙の入り口とされる「ブラックホール」は、何も宇宙にある大きな天体だけではなく、私達の身近にも存在するという話を書かせていただきました。

理屈ではなく、イメージとして受け止めていただければ嬉しいのですが、私達のすぐ側(肌に触れているくらいの距離)に、小さく折りたたまれた形で、並行宇宙の入り口である、ブラックホールが無数に存在しているというエントリーを、以前書かせていただきました。
小さくて目視は出来ませんが、私達が住んでいるこの空間の中に、小さなシャボン玉のような別世界の入り口が、無数に存在していると、簡単にイメージしていただけましたら幸いです。
まるで、並行宇宙に行ける「どこでもドア」のようなシャボン玉の中に、私達の存在が浮いているような世界観ですよね。(・∀・)
その、私達の身近にある、吸引力がある「小さな小さな、どこでもドア(小さなブラックホール)」が存在するんですよね。
この、吸引力に「吸い込まれる」というのが、今回の瞑想法のポイントとなります。(・∀・)
皆さんが、願いが達成された世界に向かうのではなく、あちら(潜在意識、阿頼耶識)から、ご沙汰がある(吸い込まれる)ので、自力で悩んだり、突破口を見つけるために、無闇に行動しなくても大丈夫なんです。
ジョセフ・マーフィー博士が著書の中で、「金銭を得たいのであれば、バスルームでシャワーを浴びている時に、富のシャワーが降り注いでいるとイメージしなさい」と書かれていたのを拝読したことがあります。
この「富のシャワー」を浴びるメソッドの意味が、つい最近まで分からなかったのですが、ただ漠然と、私達にお金が降り注いでいるのではなく、「潜在意識、阿頼耶識は100%の善意で、私たちに向けて富や成功を、毎時毎分毎秒、与え続けてくれていることに気づきなさい」という事実に気付いてくださという気持ちを込めて、ジョセフ・マーフィー博士は、バスルームで手軽に実践できるメソッドを提供されていたんですね。
大乗仏教の阿弥陀如来(阿頼耶識(潜在意識)信仰でも、阿弥陀如来は、皆さんに向けて「浄土(願望が達成された世界)にいるので、ここまで来なさい」とは決して仰られずに、「私が皆さんを向かえに行って、皆さんを浄土に連れて行きますよ」とされているのと同じなんです。
潜在意識、阿頼耶識は、皆さんに「自力で達成された世界に向かいなさい」とは決して言いません。
人は決して悟れないし、欲望を捨てることも出来ない、迷いや不安などの煩悩とも決別することは出来ない、だから、潜在意識、阿頼耶識の側から、それが誰であっても、皆さんを「願望が達成された世界に連れて行く」と誓願しているんですよね。
この「誰であっても」という根拠を、阿弥陀如来が如来になられる際に立てられた、四十八願の「第十八願」に探し出すことが出来ます。
今まで、どんな罪を犯していても、潜在意識、阿頼耶識を信じられずにデモデモダッテを繰り返す人でもあっても、そういった人々を浄土(願望が達成された世界)に連れて行けないのであれば、私は如来にならないと断言された上で、阿弥陀如来は仏様になられたんです。
(阿弥陀如来=阿頼耶識(潜在意識)という話は、浄土真宗の大谷派で重視されています。)
どうしても皆さんの願いを叶えたい、仏様がいらっしゃると自覚して、願望が達成された世界を受け取り続けるだけで、デモデモダッテな私達も、根負けして「そこまで潜在意識、阿頼耶識が言うのであれば、願望達成を受け取って叶えてみようかな。(・∀・)」と、気持ちが変わってきますよね。
そして、仏様(潜在意識、阿頼耶識)の仏性は、分子や原子単位で、この世界に存在しているんです。
あれれ?こう考えてみると、小さなブラックホール(小さなどこでもドア、並行宇宙への入り口)と、願望を達成してくれる仏性が、限りなくイコールの存在だと気づけてきますよね!(・∀・)
前置きがかなり長くなってしまいましたが、ここでパラレル瞑想の実践法を紹介させていただきますね!


『パラレル瞑想』
丹田呼吸法を終えて瞑想状態に入ったら、まず願望が達成された世界を、先取りイメージをイメージします。
そして、その達成された世界に向けて皆さんが進んでいるのではなく、潜在意識、阿頼耶識から、一方的に願望達成を与えられ続けていることを意識されてくださいね。
皆さんは「自分から達成された世界にに進む(自力)」ではなく、「達成された願望を受け取り続けているだけ(他力)」の状態に入っていただくことが出来ます。
達成された状態を受け取り続けて、心がお腹いっぱいの状態になりましたら、その日の瞑想は終わりです。
「受け取り続ける」と書かせていただきましたが、アボリジニーの皆さんの世界観であるドリームタイムに沿って、「達成された世界を思い出そうよ」と、過去に願望を達成していた記憶を、受け取り続けるといった認識でも大丈夫です。(・∀・)
先取り観測を好まれる方であれば、願望が達成された未来のご自身と大切な彼(彼女)から、「恋愛、復縁、結婚の願望は叶えられたよ」という言葉に、何度も何度も耳を傾けても効果があります。
そうすることで、私達の身近にある、達成された世界に移動できる「小さなどこでもドア(小さなブラックホール)」に吸い込んでもらえます。そのドアはイコール仏性(潜在意識、阿頼耶識)なので、ただ漠然と私達の側に存在しているのではなく、私達に向けて降り注がれているので、私達が自力で動かずとも、他力に寄って達成された世界に連れて行ってもらえるんですよね。
阿弥陀如来(阿頼耶識)の、「皆さんを浄土に連れていく」という誓願の通りに。。


この瞑想法を活用すれば、「デモデモダッテ」で前に進めずに迷われる方でも、潜在意識、阿頼耶識が、願望が達成された世界に、皆さんを一方的に連れ出してくれるので、自分から前に進めない方であっても、最善な形で願望達成を向かえていただけると確信しております。
恋愛、復縁、結婚、そして全ての願望に関して、何千万、何千億の「デモデモダッテ」があっても、物理的に不可能と思えるような無理難題が立ち塞がっていたとしても、今ここの願いが叶えられた世界ではなく、願望が叶えられた世界の側から、皆さんを向かえに来てくれるので、それがどんな願望であっても達成することが出来るんですよね。
というわけで、先取りするいつもの方法ではなく、達成された世界を受け取り続ける状態を瞑想で楽しんで、並行宇宙を移動し続けるアプローチはいかがでしたでしょうか?
この瞑想法のオススメポイントは、願望が達成された世界に向けて、潜在意識、阿頼耶識(神仏)が、皆さんを毎分毎秒連れ出してくれるので、どのようなデモデモダッテな状態にあっても、実生活で達成に向けて何の変化を感じられなくても、「徐々に達成された世界に近づいているぞ」と感じていただけるところにあります。
繰り返しになるのですが、5000億回もデモデモダッテを繰り返しても、5000億と1回の「達成された世界を送り続けられる」ので、ネガであっても、よくいうエゴがナントカな状態でも、結局は願望を達成したい、私達の側が根負けして「叶えるしか術が無い」状態になってしまうんです。
むしろ、5000億回のデモデモダッテとエゴがナントカの状態になってしまったとしても、達成された世界受け取り続けることになるので、5000億と1回も、達成された世界を確信する状態を作り出すことが出来るんですよね。
潜在意識、阿頼耶識の法則と、願望達成法は「デモデモダッテな私達」の為だけに存在するんだなと痛感します。(・∀・)
この受取続ける瞑想法は、仏教の母体となった、ヒンドゥーやバラモンの「神の慈愛を受け取って一体化する瞑想」からもヒントをいただいているので、効果は抜群ですよ。(・∀・)
恋愛、復縁、結婚や、全ての願望が達成された世界を、受け取り続けることで「もう願望を叶えるしか無いんだ」と、ため息混じりで叶えられない世界を諦めてみてくださいね!
デモデモダッテな私達でも、苦笑いしながら願望達成が出来ますよ!
デモデモダッテな私達でも願望を叶えられる、潜在意識、阿頼耶識活用法の「まとめ」です!
・いつもの瞑想法を行う際に、叶えられた世界に吸い込まれていると意識するだけで、徐々にですが願望が達成された世界のドアに吸い込まれて、移動ができます。
ついには、私達の側が根負けして願望を叶えてしまうんです。
・私達の肌に触れる距離で、並行宇宙に移動できる小さなブラックホールがあります。この小さなブラックホール(小さなどこでもドア)は、世界のありとあらゆる場所に詰め込まれている、潜在意識、阿頼耶識の力である仏性のことです。
自ら達成された世界に移動する必要はありません。パラレル瞑想法などを実践して、並行宇宙に移動できるドアに吸い込まれましょう。
誰でも等しく、達成された世界にたどり着けます。
潜在意識、阿頼耶識の活用法と願望達成法は、本来はデモデモダッテな人にこそ活用していただきたい方法です。
5000億のデモデモダッテが立ち塞がっても、5000億と1回も達成された世界と、その確信を受け取り続けることになるので、デモデモダッテな人ほど「叶う」ということになります。
受け取り続ける「パラレル瞑想」を実践することで、ネガ、エゴ、煩悩、迷い、不安、その全てが、達成された世界のドアを開く鍵となります。
・叶えられた世界に近い宇宙で生活を営むことになるので、自力での行動は必要ありません。
潜在意識、阿頼耶識(他力)を活用すれば、「気付けば叶えられた世界に居た」状態になります。
・悟ったと断言する人ほど仏様の世界から最も遠く、人間は悟れないと自覚される迷い多き「デモデモダッテな人(凡夫)」こそ、仏様から愛されるとされます。(悪人正機より)
デモデモダッテの数だけ、仏様から最善の返答や、願望達成と絶対幸福の世界を受け取れるので、悩みや不安、いわゆる煩悩(エゴ)を持つ人ほど幸せに近いと断言できます。
・デモデモダッテは潜在意識、阿頼耶識(神仏)から受ける願望達成と絶対幸福の個人指導です。
潜在意識、阿頼耶識から「願望が達成された後の世界」を与えられ続け、皆さんが受け取り続けていることを何度も感じ取られてくださいね。
というわけで、また近日中に!(・∀・)ノ