みなさん、おはこんばんにちはー(・∀・)ノ
今日は、潜在意識を活用するために瞑想や書く方法を行う時や、行った後に
「あれをイメージし忘れた、感じきれてなかった」などの不安ですね。(・∀・)
そういうものと、どう向き合うといいか?という、皆様からいただいているお便りの中でも
多く寄せて頂いている、ご質問に返信させていただく形で、今回のエントリーを書かせて頂ければと思っております。
えっと、この不安(こんな感じでよかった?という不安)は外出した後に「あれ?鍵を閉め忘れたっけ?」という不安に似ているんですよね。
なんというか、今みなさんが抱えてられる願いって、とても大切な願いじゃないですか?
なので、完璧に瞑想や書く方法、イメージ、こういうことをキッチリと毎日やり遂げたいと思ってしまうのは、仕方ないことだし、例えば復縁や恋愛成就の願いの場合は、何年も前から話をさせて頂いてる「心の外の現象に一喜一憂しない」ですね。これも頭では分かっているのですが
やっぱり「相手の今」「自分の今」が気になっちゃうんですよね。
なので、一刻も早く願いを叶えるために「完璧」を望んでしまうことも仕方ないことだと思うんです。人間だもの。(・∀・;)
就活だと、これまた企業が履歴書やエントリーシートを受け付けている期間って、限られているように見えてしまうし
受験だと、シーズンに結果を残さないと、また一年待たないといけないし
「やれることは高水準で全てやる!」とか思っちゃいますよね。(・∀・)
他にも色々と「やり残したんじゃないか?感」を湧かせる要素ってあるんですよね。
向き合うと頭が痛いです。(・∀・:)
でもまあ、「家の鍵の締め忘れ」が心配になるのも、原因は色々あれど、大切だからという気持ちがあるから不安になるんじゃないかな?と。
で、話は戻って潜在意識に願いを刻印を「する時」「した後」の不安についてです。
ご質問で多い「アレアレこうで、コレコレでイメージしたのですが大丈夫ですか?」というお話を聞かせていただくと
自分は、それで大丈夫だと思うんです。
みなさん基本通り「今現在叶っていること+潜在意識への感謝」ですね。
しっかり出来てられるので、普通に叶うと思うんです。
またまた話は少し変わって、勉強の話。
受験勉強や資格取得のための試験も、満点を目指して過去問とかやっていると、つまづく度に一問一問を綺麗に解けるまで前に進まなくなって、全く先に進めなくなってしまう人って多いんじゃないでしょうか?
大抵の場合って出される問題の70-80%正解できれば、御の字で万々歳で、60%取れれば大丈夫という場合も凄く多いんですよね。(・∀・)
例えば、みなさんが難関の資格取得を目指されたとして、まずは取り敢えず及第点をとれれば大丈夫なんです。
資格をとった後に、実務経験を積んだり引き続き勉強したりして、試験で満点を取れるくらいを目指しても全然大丈夫というか、それが普通なんですよね。(・∀・)
潜在意識で願いを叶えるのも、それと全く同じで満点を取る必要ってないんですよ。
及第点でいいんですね。(・∀・)
100点満点で70点くらい取っていれば大丈夫なんじゃないかな?と。
でまあ、復縁の願いの場合は、実際に復縁をしてから彼(彼女)さんと一緒に満点を目指せばいいんじゃないかな?と。
なので、ガチガチにキッチリ完璧を目指さなくて大丈夫なんですね。(・∀・)
とりあえず、瞑想や書く方法を毎日やることで100点満点で60点にはになります。
そこに「今現在叶っているイメージ+叶ったことを潜在意識に感謝」すれば80点にはなってます。(・∀・)
普通に叶う水準を超えてる感じですね。(・∀・)
なので、せっかく素晴らしいレベルまで達したイメージ出来ているのに、「鍵は締め忘れたかしら?」的な不安まで潜在意識に沈めたら勿体無いですよね。(・∀・)
そんな感じで、確実にですが、ゆとりを持って叶えていきましょう。(・∀・)
というわけで、本日はラジオブログ拡張版ということで、多くの方から頂く質問に返信させていただく形でエントリーを書かせていただきました。(・∀・)
というわけで、次回から通常更新になれたらいいなーと思う今日このごろでした。(・∀・)
The Bluestarsブルースタカシ様、お便りありがとうございました!
音楽活動の更なる発展をお祈りしております!これからもよろしくお願いします!
私信です。
1月8日の誕生日にメッセージを下さった皆様に心からの感謝を込めて。
本当にありがとうです!