潜在意識、阿頼耶識のコンパスを手にとって【ファラデー伝】の第4部となります。

潜在意識、阿頼耶識がファラデーに残していたガラス
潜在意識、阿頼耶識が、科学者ファラデーの為に、過去から準備していた願望達成の扉がガラスの塊でした。

(1)潜在意識、阿頼耶識が残してくれていた、ガラスの塊

ファラデーは、どのようにすれば電気のように目視することが出来ない光の動きに変化を加えられるのか?という実験を始めます。
様々な物質を準備して実験を繰り返すのですが、なかなか上手く行きません。
そこで、ふと目についたのが、彼に嫉妬した師匠デービーから命じられて光学ガラスの研究をしたときに作った、失敗作のガラスの塊でした。
電磁気の力で、ガラスの塊の中で光を回転させることに成功したんです!
この実験結果が、後の時代に与えた影響はとても大きくて、後にアインシュタインや現在の物理学者が、宇宙の設計図を解き明かしているのも、ファラデーのこの実験結果があったからなんですよ。(・∀・)
記憶障害を抱えながら、それでもファラデーは妻や周りの仲間に支えられ、その生涯を研究者として生き続けました。
このことから、どのような状態であったとしても、夢は叶え続けられて、潜在意識、阿頼耶識の支えは失われないことが見えてきますよね。

(2)潜在意識、阿頼耶識は何度でも表舞台での結果を約束してくれます

様々な偉業を達成したファラデーでしたが、時がたつに連れ、世間では「病を抱えた過去の人」という目で見られていました。
しかし、ファラデーの好奇心は全く衰えることはありませんでした!(・∀・)
当時のファラデーは、電気、磁力の関係についての情熱は増えていくばかりで、まるで磁石で砂鉄を作って遊ぶ、子どものような毎日を過ごしていたそうです。
皆さんは小学校の頃に、磁石で砂鉄を動かす実験をされたのは覚えてられますか?
砂鉄が無くても、磁石は目に見えないだけで、周囲に磁力を発生させてますよね。
ファラデー以前の常識では、鉄そのものが磁力を持っている力で勝手に動いてると考えられていたんです。(・∀・;)
それまでの時代は、磁力は目で見えないので、きれいな模様を作る砂鉄が磁力を発生させていると勘違いされていたんですね。
これは、本来は動かされる側の自力(鉄)で考えて願いを達成するのが常識であるという旧来の常識から、潜在意識、阿頼耶識の叶える他力(見えない磁力)が、世界を動かして願望を叶えるという考えに変化する、今の時代と同じですよね。
磁力が作る美しい砂鉄の模様も、今までの人生の出来事も、磁力や、潜在意識、阿頼耶識が創り出した「足跡」に過ぎないんですよね。
なので、瞑想を活用することで、潜在意識、阿頼耶識にどのような足跡を残してもらうかが、願望達成の鍵になるんです。(・∀・)

(3)潜在意識、阿頼耶識のコンパスが指し示すもの

皆さんはコンパス(方位磁針)を手にされると、漠然とあることを創造されるのでは似でしょうか?
「コンパスは、北極と南極の磁極に反応しているのではないか?」
しかし、コンパスの針は、遠い場所にある磁極に反応しているわけではないんですよね。
コンパスの針は、北極と南極を繋いでいる、地球上のどこにでも存在する磁場に反応しているだけなんです。
潜在意識、阿頼耶識のコンパスも「遠い場所から、願望が達成された世界に反応している」と考えてしまうこともあるのですが、実はそうではなく、地球上のどこにでも、潜在意識、阿頼耶識の慈愛は満ち溢れていて、皆さんの側で寄り添ってくてれいるんですね。
なので、願望が叶い続ける別の世界に移動するために、手を差し伸べる、潜在意識、阿頼耶識、そして神仏は、常に皆さんと共に在るんですよね!

(4)潜在意識、阿頼耶識の伝書鳩を飛ばそう

街中で見かける鳩や、季節ごとに遠い土地に旅立つ渡り鳥は、地球の磁場を体で感じて、一度も迷うこと無く、何千キロ先の目的地を目指すと言われています。
私たち人類から見れば「ええ!そんな場所を飛んでいくの?」と思ってしまうような場所であっても、迷わず飛んでいきます。
鳥たちは磁場に導かれるままに飛んでいるだけなので、それが「こんな場所は…」と思えるような場所でも、お構いなしに飛んでいきます。(・∀・;)
第2次世界大戦までは、こういった鳩の修正を活用して、伝書鳩を通信手段にしていたんですよ。(・∀・)
地球そのものが大きな磁石なので、磁力を頼りに旅を続ける「渡り鳥」は、この地球上では決して迷わないんですよね。(・∀・)
皆さんも、潜在意識、阿頼耶識を活用して願いを叶えるための瞑想を実践されても、「どうしてこんなことに」と思える現実に遭遇されるかもしれません。
しかし、そういった状況の中でも、私たちは、潜在意識、阿頼耶識のコンパスが指し示している場所を進んでいるだけで、そのまま進めば迷わずに、願望が達成された別の世界に到達することが出来るんです!(・∀・)
もし迷っていると思える現実に戸惑われているのであれば、それは願望達成までの過程を見て「こんな現実なの?」と驚かれて、立ち止まられているだけなのかもしれません。(・∀・;)
ですので、願いが叶わない今ここの世界と現実に惑わされず、潜在意識、阿頼耶識に委ねれば、絶対に大丈夫なんですよね。
そして、何より大切なのは、地球上のあらゆる場所に磁力が届いているように、「決して願いが叶わない今ここの世界」にも、願望達成に導いてくれる、潜在意識、阿頼耶識の磁力が届き続けている事実に気付くことかもしれません。
-----------------------------------—
【磁力ちょっと良い話】
地球の外核にある液体にある鉄が時点で対流すると、電気を帯びたコイルと同じようになり、磁場を発生させるんです。
この地球の磁場が作る出す、バン・アレン帯という地球を包む領域は、DNAを壊すなど、人体に有害な宇宙線から私たちを守ってくれているんですよ。
委ねて包まれることで、全ての問題から守られる、潜在意識、阿頼耶識と神仏の慈愛と似ていますよね。(・∀・)
-----------------------------------—
私たちが願いを叶える磁石ではない、私達を包み込み、寄り添ってくれる、潜在意識、阿頼耶識が願望達成を引き寄せる磁石なのだ!(・∀・)
第五部、もよろしくお願い致します!